サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

最大40%OFFクーポン(~6/24)

hontoレビュー

電子書籍

クジラの彼(角川文庫)

クジラの彼 みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー783件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
784 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

自衛隊3部作の後日談

2014/02/11 03:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつや - この投稿者のレビュー一覧を見る

自衛隊3部作を読んでから読みましょうね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すべての自衛隊三部作ファンに捧ぐ

2015/03/22 05:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

自衛隊三部作をちょうど読み終わったところだったので、すんなり入りこめた。すごくにやけたけど。『有能な彼女』で夏木と望の後日譚が読めたので満足。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

きゅんきゅん

2017/12/23 00:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かるる - この投稿者のレビュー一覧を見る

海の底で大好きだった冬原さんの恋愛が書かれていてとてもよかった。他のエピソードもきゅんきゅんした。短編で読みやすいのでおススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ニヤニヤが止まらない!

2017/10/16 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

自衛隊もの恋愛短編集。いわゆる「自衛隊三部作」の番外編もありましたが未読でも楽しめました。恋愛描写はさすが有川浩、という感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

続編

2016/04/21 22:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

海の底、空の中のその後が読めて良かったです。特にクジラの彼が良かったです。クジラの彼は海の中に出てきた冬原くんのお話。胸キュンでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

割と笑える恋愛短編集

2016/03/28 03:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『クジラの彼』は、いわゆる「自衛隊3部作」の続編的な恋愛短編集です。収録作品は6編:『クジラの彼』、『ロールアウト』、『国防レンアイ』、『有能な彼女』、『脱柵エレジー』、『ファイターパイロットの君』。自衛隊3部作の続編というか番外編にあたるのは『クジラの彼』、『有能な彼女』、『ファイターパイロットの君』の3編ですが、どれも本編を知らなくても読めるようになっています。本編を知っていた方がより面白いとは思いますが。自衛隊3部作とは無関係の3編も自衛隊員の恋愛を扱っています。『クジラの彼』自体はシリアスな方ですが、その他はラブコメ要素たっぷりで、結構笑えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自衛隊ラブコメ

2016/03/24 19:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

自衛隊のみなさんのラブコメです。
とっても甘々でよかったです。
自衛隊三部作を読んでいなくても楽しめますが、そちらもおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いいなあ、このラブストーリー

2015/10/12 15:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美恵子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一話の「クジラの彼」が一番好きです。
「こんな会社・・・うん、ありそう」と思わせる設定。海の底では聡子さん一瞬しか出ませんが、これではちゃんと主人公。しかも、聡子さん、なかなか職場でも優秀そうです。

自衛隊、しかも潜水艦なんて、カレーが美味しいぐらいの知識しかない私にとって、この内容が面白い。この方のグイグイと引き付ける文章は相変わらずですが、むしろノリノリの感じです。そして私、このノリが大好きだったりします。

このお話には、「空の中」や「海の底」を読んでいるといいのですが、勿論この本から読んでも全然支障はありません。もう、お薦めしまくります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なかなかの面白さ

2013/10/07 09:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:乱読親父 - この投稿者のレビュー一覧を見る

クジラと譬えた彼女に 乾杯ってところですね~

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クジラの彼

2013/04/20 15:02

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユーカリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自衛隊との恋愛物語

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読後はほんのり、幸せ

2011/06/09 08:35

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

自衛官ラブ第一弾。

順序を逆にして第二弾の『ラブコメ今昔』を先に読んでしまったけれど、こちらの方が自衛官色が強いような気がする。
自衛官ならではの、といったネタも、こちらの方が濃いし、キャラクターも生真面目な男性が多くて、隊員のイメージがそのままキャラになった、という感じ。

著者の綿密な取材による自衛隊のレアな裏話と、誠実で、男気のある隊員たち。
たくましくて、その実とっても優しくて。
こんな人たちがベタ甘なセリフを囁いてくれたら、女はたまんないかも。

軽快に読める短編集だけど、有川浩の作品って、軽く見せかけてその実、しっかり中身が詰まっているものが多い。

本書もそうで、国防に心身を捧げている自衛官たちの意識と生活が、しっかりと読み取れる。
陸海空の隊員たちの、厳しい自己統制と周りの人たちの理解。
ベタ甘なロマンスを楽しみながらも、彼らを少しでも理解できればいいな、と思う。

『海の底』『空の中』のスピンオフ作品が二点収録されているそうなので、またまた順序が逆になるけどこちらも読まなきゃ。読まなくても困ることはなさそうだけど、作品中の「彼」「彼女」の別の物語を読むのはまた、格別。今から楽しみだ。

とっても甘い短編集なんだけど、とっても売れている。
ベタ甘な恋愛ものが好きって人は多いんだな、と納得。
なんといっても、読後がほんのり、幸せになれるから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自衛隊ラブコメシリーズ 其の壱

2012/02/19 12:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yosh - この投稿者のレビュー一覧を見る

「いい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い!」
――というのは本書が単行本で刊行された時の著者あとがきの一節だが、同じ「ベタ甘ロブロマ」でも有川浩という一流シェフが手掛けると、甘いのは甘いのだが、素材を吟味し丹念に拵えた工芸品的スイーツとでも呼びたくなるような、上品で良質な「ベタ甘ラブロマ」になるのがいい。
 本書収録6篇のうち、「ファイターパイロットの君」は<自衛隊三部作>第2作『空の中』の番外編、「クジラの彼」「有能な彼女」は<三部作>第3作『海の底』の前日譚と後日譚である。『パイレーツ』シリーズが典型だが、ヒットした作品の続編・前日篇の大半は質的にぐっと落ちるものと昔から相場が決まっているが、有川浩はキャラクター造形に全くブレを示さず、物語的にもシームレスに紡いでいく筆力・テクニックには本当に感心させられる。
 本書中筆者が最も高く評価するのは、「ファイターパイロットの君」。『空の中』で既に主人公二人の会話の巧さは名人芸の域に達していたが、本短編では加えて、恋する人間の凛々しさと清々しさに感銘を受ける。人が恋に溺れると同時に、恋と同じ位大事なものを必死になって守っていこうとする姿が素直に胸を打つ。ベタ甘ににやつくと同時に、最後は熱いものがこみ上げてくるのが有川ワールドの真骨頂。
 「脱柵エレジー」もいい。二人の登場人物の阿吽の呼吸で話を進めて行って、最後数頁の意外な展開に心地よい驚きを感ずると共に、人生の一断面を垣間見たような粛然とした気持ちにさせられる。
 勿論、能天気に炸裂する有川節を期待する読者にもちゃんと用意が為されている。「国防レンアイ」中盤、「×まで筋肉なわけないしょや!××ついてるだけだっつの!×はちゃんと×こいっつの!」(註:原文には勿論伏字などありません)という凄まじい台詞には、もう可笑しくて切なくて堪りませぬ。
 有川浩って、創作落語も作れるんじゃないだろうか・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あとからおすすめ

2017/05/25 09:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らいあん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『空の中』と『海の底』を読んでから、もう一度読み直しました。

やっぱり、あとから読む方をおすすめします。

初めて読んだ時よりも感動しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

続編が知りたくて…

2016/04/13 11:09

人中、人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

自衛隊三部作のその後を知りたくて読了。塩の街の続編がないのが残念だけど…。どれも甘々でにやけてしまうストーリーだらけ。読むと幸せになれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どのお話もいい

2016/03/03 11:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

有川さんの甘い恋愛小説は好きだ!!
自衛隊の人との恋愛は、恋でも結婚でも大変だけど、みんなが一途で一生懸命なのが涙ぐましい。
望と夏木のお話は、やっぱり良かったとぐっとくる。聡子さんも、素敵だし♪
そしてもちろん高巳くんと光稀の今も。。。
脱サラの二人、国防の二人、もちろんロールアウトの二人も。。。
結局、どの話もいいんです!(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

784 件中 1 件~ 15 件を表示