サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1,109件

みんなの評価4.0

評価内訳

1,109 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

せつなくて胸キュン

2013/08/10 17:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yuko - この投稿者のレビュー一覧を見る

必ず最後まで読んでください。一押しです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハマりました

2015/05/05 00:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブロッソ - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋愛小説を全くと言っていいほど読んだことがなかった私ですが、年の差系の恋愛小説が読みたいと思い立ち、購入しました。

ありえない設定なのに引き込まれ、一気に読んでしまいました。

私の恋愛小説のイメージを覆す作品でした。

デビュー作でこんなに勢いがあるなんて。

有川さんの小説にハマりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

sfでも恋愛でも

2015/05/05 22:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一匹狼 - この投稿者のレビュー一覧を見る

有川浩はデビュー作の時点でこんなに面白かったのか、とちょっと衝撃。人やものが次々と塩になっていくという世界観がそういう設定ですと提示されるだけでなく、そこからどんどん世界観が広がっていく流れは圧巻でした。登場人物たちもみんなかっこよすぎです。
有川浩作品を読んでいてよく思うのですが、人の意見を一方的にならないように表現しているようです。対照的な立ち位置などに、両方の視点から考えることを意識させられる作風なのは この頃からなのか と驚かされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

有川浩の原点作品

2015/11/15 18:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

有川浩の自衛隊3部作の1つ。
塩を見るだけで病気になり、死んでしまうと設定を素直に受け入れる必要があるが、その状況下で守るべき人を守る。しかも年の差カップル。
恋愛に飢えている男女にオススメ。
有川浩初読みの人にもオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

デビュー作とは思えない

2015/12/18 21:59

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:elL - この投稿者のレビュー一覧を見る

「見たら塩になる」という設定が衝撃的でした
いままで読んだことのない世界観で、その中で進む秋葉と真奈のストーリーがとてもよかったです
これが有川浩さんのデビュー作と知って驚きました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

塩と石

2016/02/22 03:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

塩が徐々に街へと押し寄せ、埋め尽くす。どころか、人まで塩になってしまう。怪物を見ると石になってしまう児童小説を思い出した。ただ、本作はSFだけでなく、恋愛小説の要素も盛り込まれており、有川ワールドのスタート地点というべきか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵な愛の物語。。

2016/03/03 11:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

『来なくていいです、明日なんか。秋庭さんが行っちゃうならそんなもの要らない!』 真奈ちゃんのこの言葉、凄いよな~。
ちょっと異常度が激しい(!)入江さん、野坂夫妻の番外編的エピソードも含め、すべての登場人物があちらこちらでつながってて、これまた凄くて暖かい。
前半いっぱい泣いたけど、みんな幸せで、最後はうれしくてまた泣けた。
空、海読むのがすごく楽しみ(o^▽^)o有川ワールドにひたります!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これすごくいい!

2016/03/08 23:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の2人が好感度高いだけではなく、脇役もそれぞれキャラが立ってて良い!これがデビュー作ってのも凄い!今の甘々ストーリーの原点の様な甘々加減。三部作としても楽しめる。この物語のスピンオフが出ればいいのに…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛は世界をついでに救う

2016/03/27 08:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間が塩化する(『塩害』)というあり得ない設定の世界で出合った戦闘機パイロット秋庭と両親を塩害で亡くした高3の少女真奈。そして唐突に秋庭の高校の同期だという入江は「世界とか、救ってみたくない?」とか言って、かなり強引に塩化の原因撲滅作戦に秋庭を巻き込む。秋庭は世界を救うヒーロー的正義漢ではなく、真奈が塩化するのを見たくないという直接的個人的なな動機でそれに乗る。この粗筋をザックリまとめれば、「愛は世界を救う」ではなく、「愛は世界をついでに救う」という話。終末的世界での純粋なラブストーリーはひたむきでいじましい。
同時収録されている後日談も楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

胸きゅん

2016/04/21 16:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

デビュー作とは思えない面白さです。最初はちょっと暗い感じでどうかなと思ったのですが、途中から引き込まれて夢中で読みました。二人の関係がとっても良かったです。胸がきゅっとなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気読みでした。

2016/11/10 12:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気読みでした。宇宙から飛来した謎の塩結晶体(暗示性形質伝播物質)により人間が塩になってしまう世界での物語であるが、塩結晶体の攻撃に対する戦いはさて置き、主人公2人(28歳の自衛官と18歳の女子高生)の変な恋(愛)を基礎とした人間の絆を主題とした構成・展開が実に爽やかで読んでいて楽しい。登場人物のキャラクターはごく普通のタイプを荒唐無稽でない範囲で典型化することでその面白味を十二分に引き出している。主人公である28歳の自衛官(戦闘機のりでトップガン)の粗野な言葉遣いと、18歳の女子高生の如何にも少女らしい言葉遣いと感情表現とのギャップが物語に温かみを付加しているように思える。特に、自衛官の粗野な言葉遣いの裏に見え隠れする温かい思いやりの感情が実に心地良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

胸キュン

2016/12/28 13:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chika - この投稿者のレビュー一覧を見る

人が塩になってしまうというちょっと変わった設定のお話。最初はちょっと暗い感じで始まり、面白いのかなと思ってしまったのですが、途中から引き込まれて結構厚みがあるのですが一気に読んでしまいました。恋のお話もあって胸キュンできます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

混乱の中の人間

2017/01/21 17:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ありえないほどの大災禍の中で人間の嫌な部分が剥き出しになった場面は読んで疲労感を感じた。最初のエピソードの二人がとても印象的。あんな形でなければ寄り添えなかった二人が悲しい。本人たちが不幸じゃないと思っているだろうから余計に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人だって、ライトノベル

2011/08/20 09:27

19人中、18人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

番外編も完全収録された、有川浩のデビュー作。

空から塩の結晶が落ちてきた。以来、人間が塩化していく塩害が発生する。
そんな東京の片隅で、秋庭と真奈は出会った。
ある日、二人の前に
「世界とか、救ってみたくない?」
と、軽い口調でそそのかす男が現れた。

本書は受賞時とは若干、主人公たちの年齢が異なっているという。
当時ライトノベルというジャンルは、あまり大人が読むということは考えられていなかったらしい。
しかし本書では設定を応募原稿のままに戻し、さらに続編などを収録させて、リスタート。著者の書かれたとおりに戻って、たいへん嬉しい。

大人だって、ライトノベルを読むんですよ。
当時はどうだったか知らないけど、近頃のライトノベルって本当に面白いものが多いもの。
そして、大人が読むに堪えうる作品の最たるものが、有川作品だと思う。

塩害の設定にはちょっと納得できないところもあるし、リアリティだってちょっと、とは思うけれど、そんなものは脇に置いといて忘れられるほどに、面白い。

ぐいぐいと惹きつけられるストーリーと際立ったキャラクターたち。
長編なのに、読み終わるまで手放せないもの。

本書は自衛隊三部作の陸自編。
この後に空自編『空の中』、海自編『海の底』と続く。
立川駐屯地が後半の舞台だからということで陸自編なのだけど、秋庭は戦闘機パイロットだし、あんまり陸自って感じがしないのね。
どうせなら、戦車とか出してほしかったかな。
だからまた、新しい自衛隊三部作を書いてくれないかな、なんて願ってしまう。この三部作だけでなんて、終わってほしくなくて。

――世界を救うなんてご大層なお題目のために命を賭けられるものなどいない。
彼が世界を救ったとしたら、彼女のためだけに救ったのだ。彼女がその世界にいるから――

自衛隊もので、甘酸っぱいラヴストーリー
。そして男らしくて無骨で不器用な優しさが心憎い秋庭。何事にも一所懸命で、ひたむきな真奈。
弁が立って、人をくったような入江。

そう。どこかで読んだことのあるキャラが勢揃い。
有川作品の原点が詰まってる感じがする本書。
デビュー作とは思えないくらいに読み応えがあって、面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

マンガのように読みやすい

2013/06/18 23:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まるを - この投稿者のレビュー一覧を見る

それも良い意味で。
気軽に読めて、それなりに読み応えもあるエンターテイメントです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1,109 件中 1 件~ 15 件を表示