サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

全品ポイント最大50倍(~3/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2011/10/18 02:07

投稿元:ブクログ

これは児童文学、つまり童話である。

椎の木の天辺まで登った、木登りの上手なトノサマ蛙のブンナが、そこでの体験から悟りを得、地上へ降りてくるまでの物語であるが、大正時代に起きた児童文学改革である『赤い鳥運動』により、すっかり毒気を抜かれてしまった当世の童話からは決して学ぶことができない物語が展開されている。

元来、人々はお伽草子から派生したとも言われる童話を語り聞かせることで、道徳だけでは学べない、人智を超えた宿命や運命を踏まえた人生を学んできた。

そして、それらの物語の中には、妬み、裏切り、密告、強欲、時には性の暗示といった人間の裡に潜めた部分を、形を変えて表していたのだ。そうして語られる物語は、当時の子供たちにとって驚きでもあり、大人の世界を垣間見る瞬間でもあっただろう。つまり、圧倒的に面白かったはずだ。

本書の中でも、生きていくうえで避けることのできない “命を食べる” ことについて、蛙、雀、鼠などの姿を借りながら、あくまでも冷静な視点から物語を紡いでいる。

1 件中 1 件~ 1 件を表示