サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

★OP 最大40%OFFクーポン (クーポン祭り)

修正:新規会員30%OFFクーポン(0601-30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー243件

みんなの評価4.7

評価内訳

243 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

エピローグが見せる作品のエッセンス

2010/12/18 00:06

13人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いやあ、すごく良いラストだった。誘惑に負けてアニメの最後の方の回だけ見てしまったので、コミックスもそれをなぞる形になるのかなと思っていて、あまり期待をしていなかった分、それを良い意味で裏切られたので、感慨はひとしお。確かに、アニメのストーリーをなぞった部分もたくさんあるのだけれど、コミックスにはそこを越えているところがあった。
 偶然の産物なのか意図したものなのかは分からないが、このコミックスのエピローグは3部構成になっている。そしてこのストーリーが、まさに鋼の錬金術師という作品のエッセンスを凝縮したものであるといって良いと思う。

 生物として活動を行うにはエネルギーが必要だ。そのエネルギーは、別の生物を食べることで体内に取り込まれる。他の命を奪わない限り、生き続けることはできない。そして、奪ったからにはそれを無駄にしてはならない。賢者の石の顛末には、このような思想が通底していると感じた。
 更に人間的な特性として、歴史を紡ぐという点があると思う。この歴史は紙に書かれた記録、という意味ではなく、世代間で積み重ねられていく情報や経験のことを指している。人間が生物である限りいつかは死ぬ。だが、その人の生きた証は何らかの形となって受け継がれていく。それが進歩というものだろう。仲間の犠牲は無駄にはならない。
 無機物だって壊れたら終わりというわけではない。道具は大切に修繕しながら使い、壊れたら鋳潰して再生させる。そう、再生させるのだ。再生したものは新たな歴史の流れに組み込まれ、新しい物語を紡ぐ。この世界にはそういった循環があるのだ。

 この1巻だけを読んでも、ボクが感じた面白さを感じることはできないと思う。ここまでのストーリーの積み重ねがあるし、作者の荒川弘氏の実家の家業が酪農であると知っていることも関係しているかもしれない。
 ひとつの作品にも、それなりの歴史がある。次回作もそういった歴史が積み重ねられるものになることを祈りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

大河小説のような

2015/11/17 23:23

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ばんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

電子書籍は書棚スペースや持ち運びに気を遣わなくて良いので、ついこういう長尺ものに手が出てしまいます。あれよあれよで最終巻まで一気に読み通しました。
連載当時やTV放映時はキャラの個性や色づかいの斬新さ目を奪われたものですが、久しぶりに読み返して感心したのは、ストーリーテリングの巧みさと、キャラ一人一人が自分だけの信念のために外連見なく生をまっとうする姿の描きこみ。アームストロング少将(強面の姉ぇちゃんの方)が宿敵の死体に背中を向けて座り込んで、犠牲になった部下のことを引き合いに「どうだ…私の部下は強かったろう」とつぶやくシーンなんか、泣くのこらえてるのが台詞だけで伝わってきて、たまらなく良いんですが、それまでの話の流れがあってこその名場面で、ストーリーテラーとしての技量がないとこうはいかない。
TVアニメの動きのリズムや、余韻を残したラストもそれなりに良かったですが、原作は、人の生き様を暖かく描ききった描写の厚みという一点において、凡百の小説が遠く及ばない域に達しています。
黄金時代の大河小説のように、落ち着いたら今度はもっとじっくり読み返してみよう、そんなふうに思える作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鋼の錬金術師よ永遠に

2015/02/07 12:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凄まじき戦士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ版第2作とほぼ同時期に終了した鋼の錬金術師最終話が収録された本巻ですが、作品としては伏線も全て回収して終わった作品です。
最終刊に向けて単行本のタイトルも豪華なものに変わっていきましたが、本巻ではダイヤモンド色になっています。すごく豪華ですね。
最後のフィナーレも大団円なので非常にすがすがしい終わり方です。一つの偉大な作品の終幕をぜひ読者の皆さんに味わって欲しい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

名作

2017/10/30 18:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひーたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

鋼の錬金術師展、実写化ということで、復習を兼ねて久しぶりに読みました。
子供の頃読んだ時も面白いと思いましたが、大人になった今読んでも凄く面白いです。
初期のものと読み比べてみると、エドワードの精神的成長がよくわかります。もちろん、他のキャラクターたちも。
まだ読んだことのない方は、映画の予習のつもりで読んでみてはいかがでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

満足はしましたが…

2018/06/25 00:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:McTD - この投稿者のレビュー一覧を見る

9時間がかりで全巻を読破。
十分な高揚感を維持しつつ、満足感を得て本を置きましたが…
作者ならではカタルシスを伴ったエンディングを期待していたのは若干裏切られました。
今の作者なら、別の景色を見せてくれるのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/25 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/11 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/27 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/22 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/23 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/27 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/25 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/02 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/04 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/23 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

243 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。