サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~7/9

修正:新規会員30%OFFクーポン(~2/29)

hontoレビュー

電子書籍

十角館の殺人〈新装改訂版〉(講談社文庫)

十角館の殺人〈新装改訂版〉 みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー922件

みんなの評価4.2

評価内訳

922 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

衝撃!

2015/12/13 17:29

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヴァン - この投稿者のレビュー一覧を見る

綾辻行人氏衝撃のデビュー作にして代表作。
館シリーズ1作目で、ミステリ界に新たな風を吹き込んだ。
しばしばミステリ初心者に対しておすすめされているのを見かけるが
個人的にはそれはおすすめできない。
なぜならあまりに衝撃的すぎて、以後いかなる作品を読んでも
そのとき以上の衝撃がなかなか味わえないからである。
ミステリは麻薬のようなもので、より刺激の強い作品を求めてしまう。
他の作品でミステリ慣れした後読めば、心地よい満足感と衝撃が得られるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリーに興味を持ったきっかけの本

2017/04/01 00:43

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

鳥肌もので、圧巻です。この本を読んでミステリーにはまりました。でもこれ以上の物にはまだ会えていません。もうこの驚きが味わえないのが本当に残念です。まだ読んでない人にはぜひ取っておいてほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

皆様に膝を打って驚く経験をしてもらいたい。

2013/09/09 23:33

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

未だに覚えている、解答編のページのある一文を読んだときに、今までのシーンがつながっていく感動を。フェアに提示されたヒントに最初から気づいていたら、作中人物を救えたのではないかという焦燥感など、新本格のすごさを初めて味わった作品。残念ながらその後もそんなに感動はなかった。故にこの作品の感動をまだ味わっていない人はある意味幸運である。この感動をこれから経験できることにうらやましさすら感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

スリル満点

2017/09/07 23:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おーき - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっとした探検気分でやってきた孤島で、連続殺人が起きる。島の内と外で事件の真相に迫る展開にハラハラしました。そして、予想外の犯人にアッと驚く素晴らしい一冊でした。登場人物が持つ、有名な海外のミステリ作家のニックネームも、ミステリファンにはグッときました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

約15年ぶりに再読

2017/02/24 22:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今年が綾辻先生デビュー30周年及び新本格誕生30年というお祝いの年なので、約15年ぶりに再読しました。再読といえども、新装改訂版で読むのは初めてでした。

未読の方は、絶対新装改訂版で読むべきですね。

「あの一行」がめくった瞬間に目に入って、衝撃度が断然強い!!
しかも、紙の本でも電子版でも、めくった瞬間に目に飛び込んでくる構図になっていて素晴らしい!

そのため、初めての方もリピーターさんも、ぜひ新装改訂版を読んでほしいです。紙でも電子でもいいから!
だから、新装改訂版買ってね!!(笑)
もし、買わないで誰かから借りるにしても、(本屋さんのレビューで書いてすみません・・。)新装改訂版を借りることをお勧めします!

読者を驚かせることを徹底的に計算しつくした本書を読んで、メモリアルイヤーをお祝いしましょう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

圧巻

2020/04/24 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハル - この投稿者のレビュー一覧を見る

ページをめくる手が止まりませんでした。途中からえ?え?え!?と思いながら読んで見事徹夜しました。ミステリには興味あったものの本には中々手が出せず思い切って読んでみたこの作品で、推理小説最高!映像化なんぞ待ってられるか!推理小説じゃんじゃん読もう!と思わせてくれた作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

何度も読みたくなる

2020/01/31 21:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akb49484800 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一度読んだだけでは、全てを理解するのは難しい。そんな小説でした。何度か読み返して、ようやく理解出来ました。それでも、まだ完全ではありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2020/01/30 16:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すねよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

新本格ミステリーの先駆けという本書。
ミステリーファンの中でオススメとして本書を挙げている方が多かったので、読んでみるとまあ面白い。
注意深く読んでいたがまんまとやられてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ページをめくる手が止まらない!

2019/12/25 16:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:@n_tbook - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めたらこの作品の魅力から抜け出せなかった。こんなに本に没頭したのは久しぶりかもしれない。登場人物とともに真相に近づいていると感じていたのに、全く近づいていなかった。このドキドキ感はヤミツキになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリーって面白い

2019/07/31 23:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あめ玉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうしても登場人物が覚えきれない、間取りが頭で描けない、などの理由でミステリーに対してずっと苦手意識がありました。『屍人荘の殺人』で苦手意識を無くし、次に手を出したのがこの作品です。本格ミステリーというハードルの高さを無視して夢中で読み進める。面白い、ミステリーってこんなに面白いんだなと感動しました。
”ある一文に愕然とする”と評判でしたが見事に騙されました。息抜きとして少しずつ読み進めていましたが、この作品なら休日に一気読みしたかったなあと後悔しています。
続きの館シリーズも楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

「そしてだれもいなくなった」のオマージュ

2018/12/16 15:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『十角館の殺人』は文藝春秋の東西ミステリーベスト100(2012)の第8位にランクインしている日本の本格ミステリーの一つで、アガサ・クリスティーの『そして誰もいなくなった』をなぞった、無人島に集まった男女が外界との連絡手段がないまま次々に殺されていく話です。もちろん動機や使われたトリックも違いますし、犯人が死なないという点も違います。

舞台となるのは角島と呼ばれる個人所有だった小さな島で、そこでは半年前に所有者中村青司とその妻および使用人夫婦が青屋敷と呼ばれる本館で殺害された上焼死体となって発見された曰く付きの場所。この四重殺人の犯人はその事件以来行方不明となっている庭師と推測されているものの腑に落ちない謎が多く残っている状況です。その島には建築家であった中村青司が自ら建てた十角館と呼ばれる別館が残っており、その物件を不動産業者が買い取り、その甥が大学のミステリー研究会のメンバーに島を訪れることを提案します。こうして5人の男と2人の女が角島へ集まって1週間滞在することになります。彼らは本名ではなく海外のミステリー作家の名前を渾名として呼び合っており、それ自体が犯人を読者から隠すトリックとなっています。

角島に行ったミステリー研究会のメンバーとは別に、元メンバーである江南孝明(かわみなみたかあき)のもとに「お前たちが殺した千織は、私の娘だった」というワープロ打ちの手紙が死んだはずの「中村青司」から届きます。ちょうど春休みで暇を持て余していた彼はこの手紙の謎を追及する過程でこの館シリーズの探偵(?)島田潔と知り合い、共に半年前の事件の解明に向かいます。

ストーリーは島の状況と本土での調査状況が交互に語られながら進行していきます。次々に殺害されていく様子は『そして誰もいなくなった』に似ているところがかなりありますが、磁器の人形が壊される代わりに「第一犠牲者」「第二犠牲者」「第三犠牲者」と書かれたプレートが犠牲者の部屋のドアに貼られて行きます。これらのプレートは島に上陸した翌朝に十角館の中央ホールに並べられます。「犠牲者」のプレートは5人分で、後は「探偵」と「殺人犯人」と書かれたプレート。それが本当に殺人予告なのかミステリーファンならではのただのいたずらなのか議論になりますが、残念ながら本物の殺人予告であったことが翌朝に明らかになります。

犯人の独白が最後にあり、一見裁きを逃れたかに見えるのですが、最後の最後で「審判」が来るところが物語として引き締まった終わり方で素晴らしいと思いました。探偵の島田が「犯人を突き止めた」と明言せずに暗示に留めているところもすっきりしていい印象を受けました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

館シリーズ

2018/11/29 18:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

犯人が意外な人物でした。まさかの方法で起こされた事件で、驚かされました。館シリーズの最初の作品として、とても衝撃的なものでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

良かったです。

2018/07/05 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょびリッチ君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先生の作品で初めて読んだものです。
最初はそして誰もいなくなったと同じじゃんと思ったけど
それでものめり込んでいっちゃいました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

楽しめる

2018/03/04 13:51

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

海外の(特にイギリスの)ミステリーを彷彿とさせる。
設定が秀逸。
読みやすくわかり易く、ミステリーファンは勿論、ミステリーが苦手な人でも楽しめると思う。
おススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろかった

2017/02/24 12:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまぜみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

だが、だれかの意見にあったけど、最後名乗って終わりの方が余韻がたのしめたかな。
そうすると、最後の被害の状況がわからずに終わってしまうけど

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

922 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。