サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~7/31

「無料連載ページ」リニューアル 5/23~

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
24 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

バイブルにしてます

2022/02/10 12:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あごおやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

副題に「リベラリズムの冒険」とあるとおり、リベラリズムの変遷を軸にアメリカの現代思想を俯瞰します。自由主義が建国の基底にあるアメリカで、なぜわざわざ「リベラリズム」と冠した思想が生まれたのか、という起源に始まり、ロールズの「正義論」、リバタリアニズムとコミュニタリアニズム、左派・右派双方からの揺さぶり、ポストモダンとの化学反応…等々、幅広い論点を丁寧に解説した、大変内容の濃い一冊だと思います。
「アメリカ現代思想」と題していますが、前置きとしてフロム、ハイエク、アーレントなどを取り上げ、ポストモダンとの関係ではフーコーやデリダにも言及しているなど、広く現代思想全体の理解にとても役立つのではないかと思います。
索引もあり、年表や相関図が付されていることから、私にとっては、他の本を読む際に頭の整理をするバイブル・辞典的存在で、何度も読み返しています。
なお、本書の姉妹書ともいえる「日本の現代思想」(こちらもお勧め)には、「ポストモダンとは何だったのか」との副題が付されています。アメリカの思想の歴史は「冒険」と称するほどのバイタルな営みであるのに対し、日本の場合は「何だったのか」と疑問符が付される、というのが対照的で面白いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/13 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/02 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/21 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/02 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/24 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/03 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/13 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/11 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 06:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/21 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/27 13:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/18 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/07 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/17 12:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

24 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。