サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

修正:新規会員30%OFFクーポン(~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

<家>というものの意味をじわっと考えさせられます

2011/10/13 21:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東十条の古い木造住宅を舞台にした叙述ミステリー。
 天井ってあるので「幸福荘」っぽいんだけど、たしかに、ぽい、んだけど、今回は普通の2世帯住宅ってところがポイントなのである。
 
 大家で1階に住む変り者の老女。そして、2階に住むワケありの女。
 二人を中心に、それぞれを訪問する都の職員や友人が、物語をフクザツにしていく。

 もう、折原一なので、どんでん返しがあるんでしょ。時間軸も、実は曖昧なんでしょ、とかまえて読んでるんだけど、うまいことやられてしまうのである。

 にしても<家>って怖いね。

 まぁ、家が自分の戻る場所であり、居場所であり、起源でもあるという要因が、この悲劇的なドタバタを産んだのだろうなと思う。
 うん、結局のところ<家>は、人の存在理由の起因となるものなのかもしれない。

 というのを、ほんのり考えさせられたのであった。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/25 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/25 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/08 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/13 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/23 18:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/19 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/16 05:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/11 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

10 件中 1 件~ 10 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。