サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

修正:新規会員30%OFFクーポン(~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー72件

みんなの評価4.3

評価内訳

72 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

「道の道とすべきは、常の道にあらず」 彼は「道」に謀反し、「道」に誅せられ、「道」に回帰していく。この犯罪の核心を気ままに推測すれば………。

2009/08/31 20:24

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

エピローグにあるこの事件の裁判に関する記述はいろいろと興味深いのだが、最も注目されるべきはラスコーリニコフの供述、この強盗殺人事件の動機についてである。彼は1極貧と孤立の境遇、2強奪した金を出世の糸口にしたかった、3軽薄で臆病で苛立ちがつのっていたことからの決意、4心から後悔しての自首と「きわめてはっきりと乱暴といえるくらい正確に答えた。」「そうした受け答えはすべて、ほとんどふてぶてしいとも思えるほどだった………。」
この供述は「正確」であったが、ただし「正直」ではなかったようだ。表面の事実を本人が追認したようなもので、心の闇に隠れた動機の核心部分が欠落しているのだ。本物の核心は裁かれることがなかった。
「どうだ。既成の法秩序ではオレを裁けなかったろう」。傲然としてうそぶいているラスコーリニコフの姿が目に見えるようだ。
この物語に登場するすべての人物はそれぞれが存在感のある自己主張をしている。中で常軌を逸した特異な男が二人いる。マルメラードフとスヴィドリガイロフである。
ラスコーリニコフはこの二人の背徳の行為そのものを自己の存在理由としている生き方に自分と同質のものを感じたに違いない。
麻雀の好きな私には阿佐田哲也『麻雀放浪記』の登場人物がとてもリアルに感じられるところがある。女房と家財を担保にしてまで勝負して敗れゆく男たちの群像。似たところがあるな、この二人の生きかた。ドストエフスキーも破産するまでにルーレットにのめりこんだそうだが、ラスコーリニコフだって乾坤一擲の勝負に運命をかけたところがあったのではないか。

ラスコーリニコフはこの世界を成り立たせている秩序(神の摂理、法の正義)を認めていない。拒絶している。
仮にこの世で最大の罪にあたる殺人をやってみる。法は自分に重罪の判決を下すだろう。仮に露見しない場合でも神が存在するなら何らかのおそろしい罰を与えるであろう。殺されたものに縁者がいれば俺を憎悪するだろう。周囲のものたちは俺を弾劾するだろう。俺に期待していた母や妹は絶望するだろう。まだまだ予想し得ない強烈なしっぺ返しがあるはずだ。しかしそんなことがなんだ!………
彼はあえてこの状況をつくり、この負荷に耐えられるかどうか、そこに自らを投じてみる賭けを決意した。そして殺人を実行した。

この賭けに勝ったか、負けたかは、だれでもない彼の内心が見るものである。事後に新たに生ずる負荷は俺があえて作った負荷である。それは俺が拒否している世界が与える罰に過ぎない。俺はそんなもの到底認めない。だから恐怖におびえることも、苦悩にもだえることもないのだ。そして俺は事前にあった閉塞感からは解放され、新たな負荷には傲然として向きあうのだ。この超然と屹立できる自分こそ真に確立された自分であり、そうして生きていく自分を確信した時に、この勝負は俺の勝利となるのだ。
ラスコーリニコフは究極のマゾヒストになろうとしたのだろう。あえて自分を追い込んだ究極の奈落で、そこでしか生きることを実感しない存在になろうとしたのだから。殺すのはだれでもよかったのだ。

わがままで横着で臆病、重度な鬱病の彼だ。事前には大いなる迷いのなかで呻吟していた彼だ。かならずそうなると先行きを確信していたのではない。そんな彼だからこそこれは運否天賦の大博打だったのだ。

しかし、犯行の瞬間から彼は露見する恐怖におびえ狂乱状態におちいる。そして襲い来る悪夢と孤独に震えおののく。時に粗暴になり傲慢をもって立ち向かうのだが、なにものかが与えるその罰には抗しがたく、たちまちその苦痛に身もだえすることになる。刑に服している獄中でも彼の混乱、懊悩、世界からの断絶感はますます深く、絶望しか見出すことはできなくなる。彼は獄中でこれまでの経緯と現状を深く思索する。なぜこんな状況を招き寄せたか。だが解くことのできない闇しかない。未だ彼は傲慢である。俺は、良心に従い良心にその許可を与えた俺は、だから罪を犯してはいないのだ、超然として心の平穏があるはずなのだ。と自己の内心に言い聞かせる自分がいるからこそ、むしろ救いがたい本物の罰を受けているのである。
彼は賭けに完敗し、敗北を自覚しないことにより、破滅したのだ。

ラスコーリニコフの誤算はどこにあったのか。それを考察することで、ラストの復活が見えてくると思われる。
「犯罪論」に戻ると「心の中で良心に従って、流血を踏み越える許可を自分に与える」と彼は言っている。彼はその良心に従って犯行を行ったと思い込んでいる。金貸しの老女(アリョーナ)を殺すのが良心で、予定外の殺人・その妹(リザヴェーダ)殺しは良心に背く行為だったのだろうか。良心とは個人の主観が決めることのできるものなのだろうか。そうではないはずだ。良心を良心と呼ぶには、なにものかが示す絶対的尺度がある。彼の誤算の根源はここへの無関心であった。

ラスコーリニコフはあまりにも軽率に「良心」をもてあそんでいる。「良心」とはなにか。
亀山郁夫の『「罪と罰」ノート』の巻末のあとがきでラスコーリニコフの傲慢さについて次のように述べている。
「(犯行の動機となった彼の純粋意志こそは)大地の深みに入り込もうとする人間の素朴な心をどこまでも疎外する傲慢さそのものだった。」
ドストエフスキーの作品を理解するうえで「大地」「母なる大地」「ロシア的なるもの」は大事なキイワードのようだ。
私にはロシアがわかっていないから借り物の言葉になってしまうのだが、良心とは「母なるロシアの大地へ溶け込もうとする人間の姿勢」のような気がする。
この世の秩序とは神と為政者に加えて「母なるロシアの大地」が作り上げた秩序がある………と私はとらえたい。
ラスコーリニコフはこの第三の秩序に気がつかなかったのだ。彼の内心にとって神の摂理と法の正義から下される罰は罰ではない。しかし第三の秩序形成者に対しあまりにも傲慢でありすぎることによって天罰を受けているのである。

そして彼が人間としての復活する糸口がここにあることを暗示する感動のラストシーンが用意されている。

ところで「母なるロシアの大地」という概念はあまりにもロシア的でそのままでは受け入れがたい。
もっと普遍性を持たせれば老子が語った「道」ではないかと思われる。そのほうがまだしっくりする。
「一切のものがそこから生じてき、そこにまた帰ってゆくこの世界の根源の根源にある究極の実在」(『老子』福永光司)。人間の「作為」が道の渾沌に崩れ落ちるところから「無為」に生きよとする原理。
ラスコーリニコフはこの運動法則から離反して苦しみ、やがて生きとし生けるものとしてそこへ回帰していこうとしている………と解釈したい。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/30 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/01 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/27 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/10 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/12 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/20 02:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/14 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/10 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/25 09:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/20 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/21 16:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/13 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/07 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/24 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

72 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。