サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

honto 9周年 読書応援福引キャンペーン ~6/30

hontoレビュー

「愛…しりそめし頃に…」 10 みんなのレビュー

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

寺田ヒロオが表舞台から消えていこうとしている頃の話

2011/02/27 18:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

掲載されている雑誌がそもそも隔月刊で、1回に掲載される分量も今時のマンガにしてはそんなにページ数がないので、1冊にまとまるのに時間がかかるようです。前巻から2年以上たっているのかな。以前の話を忘れてしまいますが、それでも読んでいるうちに思いだすのは不思議な感じもします。それだけ、このマンガが何か惹きつけるものがあるのかもしれません。
10巻目のこの本では、プロ漫画家として新人だった満才茂道も中堅と呼ばれるようになった頃の話が続きます。
週刊少年マンガ雑誌が出てきて、マンガが姿を変えようとしていた頃と言ってもいいでしょう。そんなことを象徴する話が2つほど出てきます。
1つは寺田ヒロオが、マンガ雑誌に自らのマンガを載せるのを止めていく話です。これが後に寺田ヒロオがマンガ界の最前線から退いていく兆しになるわけです。言葉を換えれば、児童漫画が少年マンガ、少女マンガになっていく過程であり、さらに劇画、コミックが登場してくることになるわけで、これを日本のマンガの隆盛とも言いますが、確かに寺田ヒロオの言っていたように本当に子どもに見せるに値するマンガが今のマンガ家から出てきているのかと言うとよくわからなくなることもあります。
もう一つは、上の話とも関係するのですが、小学館のマンガ担当者が満賀道雄とさいとう・たかをを読んで、新しいマンガ雑誌の構想を語る話です。これは後のビッグコミックの話なのでしょう(この巻ではそこまでいっていません)。
どちらも象徴的なエピソードだと思うのですが、今回読んでみて思うのは、トキワ荘のマンガ家たちが寺田ヒロオに心服しながら、進んでいったのは彼とは違う方向だったということと、そのことに対してさほど葛藤がなさそうだったということです。そこがマンガ家の中でもやや世代が異なると考え方が違ったのかと思えてしまいます。
今の、マンガが多種多様でありふれている世代の人たちには何のことやらさっぱりわからないのでしょうが、比較的リアルタイムで生きてきた人間には感慨深く、また考えさせられる話が続いた1冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/17 02:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/07 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/23 04:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。