サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

honto 9周年 読書応援福引キャンペーン ~6/30

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

謎の空中船、大空を駆ける

2001/07/05 04:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トリフィド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 19世紀末、飛行機械の実用化が時間の問題となり、空を飛ぶことへの憧れが頂点に達してた時代。フィラデルフィアの気球愛好会の集会にロビュールと名乗る男が現れ、気球主義者たちが信奉する「空気より軽い機械」を痛烈に嘲り、「空気より重い機械」による飛行にこそ未来があると宣言。そして驚異の空中船〈あほうどり号〉の自由奔放な空の旅が始まる。

 ジュール・ヴェルヌ1886年の作品。大空を自在に駆け巡ることへの憧れに満ちた、熱気あふれる作品である。

 世界が変わろうとするその瞬間の熱気が作品全体に満ち満ちており、たたみかけるような語り口と、なにものにも束縛されず、大空をみずからの意志のままに縦横無尽に駆けめぐる〈あほうどり号〉の姿が相まって、すばらしい疾走感を感じさせてくれる。「空を飛べるということは、こういうことなのだ!!」というヴェルヌの熱いメッセージが心に響く。

 ライト兄弟の飛行機が初めて空中に浮かぶ前に書かれただけあって、空力学的な面での誤解などが散見されるが、それらを見つけることもまた楽しみだったりする。

 さて、本作では、この主人公氏、ロビュールとその仲間たちがどういう人々なのか、いまひとつ明らかにされない(ちょうどネモ船長とノーチラス号のクルーのような感じの人々である)。善玉なのか悪玉なのかもよくわからなかったりする。続いて続編の『世界の支配者』を読むとしよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/15 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/17 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/29 02:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。