サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

修正:新規会員30%OFFクーポン(~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本

問題意識を持って生きる

2007/07/27 19:12

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は、日本の弱点を良く理解している。論じる場合に、まず自分は?というところから論を進め、本書は、自虐的と思える程、自らの非を意識しながら書かれていた。こういう人の発言は、信頼が置けるものと私は、考える。最初に、日本の弱点と記載したのは、次のような事である。まず、「自分を棚にあげた批評」である。著者は、オウム事件の世間の論評に対して、疑問符を打つ。それは、オウム的思考に、著者自身が陥っており、決して他人事として考えられなかったと言うのである。勿論、オウムの犯罪を自分がやったかも知れないとか、犯罪自体を肯定しているのでは決して無い。信者達は、皆、向上心旺盛な若者だった。しかし、その向上心が、閉鎖社会の中で、外界が見えなくなった時の恐怖の事を言っているのである。オウム事件当時の世間の論評に、こういう視点は、一切無かった。皆、「私は、オウムとは無関係」という視点での論評だった。著者は、ここに、日本の弱点を見るのである。次に、現代日本の中では、自らの頭脳で思考し、決定し、行動する事は、悪しき事として理解されているという事である。勿論、表面上は、そういう事は無いであろう。しかし、本音の部分では、自らの判断はなるべく避け、人の判断で動きたいという欲求が、殆どの日本人の深層心理には有ると著者は、述べる。私も経験から、全く同意見である。本書には、ここまで記述は、されていなかったが、これは、戦後日本を象徴した考えであると思うのである。戦後、日本の頭脳は、アメリカであった。戦前の日本には、狂ってはいたが、頭脳が有った。この事が表面化した事象を著者は述べたのだと思う。
本書は、前半に、著者の思想を述べ、後半は、エッセイとして構成されていた。著者は、あとがきの中でこう述べる。「自分を棚上げにせずに生きるとはどういうことか、限りあるいのちを生き切るとはどういうことか、欲望に振り回されない生き方とは何か、生命・エロス・死をどのように考えていけばいいのか、これらは、まさに「生命学」の根本問題ではないか。」そう、本書は、「生命学」を意識して書かれている。「生命学」とは、どういう学問か?テーマが大きすぎて、概念しか理解出来ないが、私も著者と同じ、世間への疑問を持つものと確信する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/18 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/01 08:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/09 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/09 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/26 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

6 件中 1 件~ 6 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。