サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

修正:新規会員30%OFFクーポン(~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.8

評価内訳

30 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

これは、凄いとしか言いようがない。

2005/11/06 20:47

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぬほがち - この投稿者のレビュー一覧を見る

「衝撃の問題作」と騒がれた、新人の御影瑛路さんの作品。
まずこの作品を読み始めると(特に最近のラノベを読みなれている人ならば)すぐに気づくと思います。
この作者、ケタが違います。表現力、文章力、世界観。どれをとっても、今までの新人とは一線を画しています。故に賛否両論となるのは常かもしれませんが、私ならこの作品を『大』肯定しますね。
人の内面—それも、抱いている自分ですら分からないような、そんな内面にある感情。それをここまで直接的・野蛮に、しかし魅力的に表現するとは。読み始めてから、終始物語にずっと引き込まれっぱなしでした。私的に「心情描写」に重点を置いている小説は大好きなので、正にこの作品はストライクでした。そのほとんどが濃密な心情描写により構成されているので。
途中、妙に推理小説っぽい展開になりましたが、まあ気にするほどのものでもありません。それに論理的展開で読者の虚を突く作品は大好物ですし(コラ
「笑える面白さ」とか「楽しさ」という要素—最近のラノベが陥りやすい展開—は期待しないほうがいいです。ただ、これだけはいえます。この作品は、「傑作」と読んでも相違ないでしょう。賛否両論なのは承知です。が、例え否定派でも、この小説から感じ取れるものは一緒なハズです。オススメを通り越して、是非とも一読して欲しい作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/15 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/17 03:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/21 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/16 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/04 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/22 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/20 05:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/09 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/27 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/23 02:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/08 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/16 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/26 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/07 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

30 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。