サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

修正:新規会員30%OFFクーポン(~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

超えても超えても現れる壁

2015/09/10 14:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

卯王朝第十八皇女である月華は、賤民・言愚の涼孤と出会い、その剣術の美しさに魅せられ、自らも剣を極めて涼孤に認めさせようとする。しかし涼孤の操る剣術が、六十七年前に五軍を壊滅させた龍の術であることを見抜いた月華の守役である群狗は、殿下を彼から離そうとする。群狗自らが味わった感情を、彼女も味わうことになると思ったからだ。だが月華は群狗の気持ちも知らず、元都で女郎の珠会と仲良くなりながら、辻剣術で工夫を積んでいく。
 一方、これまで虐げられて生きてきた涼孤は、自分が働く講武所の師範代・蓮空が、武人としての立身出世の登竜門である大比部に参加することを知り、自分のことのように誇らしさを感じていた。だがその感情は、現実の前に塗りつぶされることになる。

 卑屈になるのが当たり前の存在である涼孤だが、その身に宿す武威は人の枠を超えたものだ。ゆえに彼は、諦念を知れども恐怖という感情を知らない。そのことは普通に接していれば他人に気づかれることはないが、彼の領域に挑もうとする武人には、両者を隔絶する断崖として、長大な障壁として、その人物に突きつけられるのだろう。
 それを知った月華がどんな道を進むのか。それは次巻で描かれるようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/09 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/25 01:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/03 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/21 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/20 06:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/08 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/11 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/11 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/10 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/09 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/10 17:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/08 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/08 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

15 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。