サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

honto 9周年 読書応援福引キャンペーン ~6/30

hontoレビュー

おのぼり物語 みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

赤裸々でまっすぐだからこそ、応援したくなる

2008/09/29 00:09

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 四コママンガ『カラスヤサトシ』シリーズでお馴染みのカラスヤ氏が、2002年に上京してから、2004年頃までの記録をマンガにしたもの。

 最初は、上京にまつわるドタバタを描いた、やや自虐的なギャグマンガだと思って読んでいた。踏み切りの棒に自転車の車輪を挟まれた少年(事なきを得たが)と車に轢かれたカエルにショックを受け、気がつくとカエルに救急救命をする練習をしていたり、突然アパートからの立ち退きを告知され、住人が次々集まってくるのを見ながら、みんなで「『ウィアーザワールド』/歌い出したら/おもろいなー…」(p.79)と思ったりは、やはり面白い。
 しかし、あとがきマンガにあたる「製作おぼえがき」でも書かれているのだが、思い出を忠実に描くとギャグ一辺倒にはなりにくかったようで、「ええい/もうええわ!/しんきくさして/けっこう!!」(p.145)という思いで、途中からは「ギャグのない4コマも/けっこう入ってますが」(p.145)という内容になっている。

 だが、そうして出来上がったこのマンガは、これまでのカラスヤ氏の作品とはまた違った魅力のある作品になっている。
 具体的には、カラスヤ氏の赤裸々でまっすぐな部分がはっきり出ている。私はこれまでの氏の作品で、プライベートや思い出が正直に描かれている部分に、面白さとともに迫力を感じていた。そしてこの『おのぼり物語』では、これまでの作品よりも喜怒哀楽をギャグにせずにはっきりと表に出している。例えば、上京のため大阪のアパートを発つ頃、ほとんど話したことがなかった下の階のおじさんにせんべつをもらったときの思い、東京で最初に入居したアパートは、大家さんが亡くなる前にリニューアルしたものであることを知った夜に、哀しいわけではないのに涙が止まらなかったという思い出、そしてある出来事をきっかけに改めて考える実家の両親と自分の将来。こうした思いを持ちながらも、コツコツとギャグマンガの連載を続けて来たと思うと、これまで以上に応援したい気持ちになる。

 2004年、実家に帰るか東京に残るかを悩んでいた時期に、ある編集者がカラスヤ氏にこう言ったという。「まー多分」、「カラスヤさんは/この先どんどん忙しく/なりますよ」、「なんの根拠も/ないですが」(p.132)。この言葉に習って言えば、おそらくこのマンガは多くの人に読まれて、カラスヤ氏の新しいファンが更に増えることだろう。なんの根拠もないが、それだけの力が、この本にはあると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京へ出てくる話は数あれど

2008/10/22 13:33

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大島なえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「おのぼり物語」なんて一見、どうしようもなくベタなタイトルに、なんとなく下手ウマなとぼけたメガネのダサい男の子が立っている表紙。
 しかし何故か読みだすと次第にじわじわと東京へなんのあてもなく職もなくマンガの決まった収入もないのに、ただマンガ家になるのだ。と上京する僕の「おのぼりさん」の日々がどちらかと言うと淡々と描かれている。月の収入は四コママンガの掲載料で、それも不定期で1~2万円で生活するという極貧生活なのに、酒はやめられず夜になるとひとりで部屋で酔っ払って寝るまで飲み続ける。他にアルバイトもせず、仕事も無いお金も無いので遊びにも行けない。線路沿い電車の音が早朝から深夜までうるさいアパートで、誰とも話し相手もなく、ただマンガを描く仕事を待って暮らしている。
 地方に住んでいると、誰でも一度は東京で生活したい。と言う夢を見ると思うだろうし、大学入学で東京へ出ていく人など実際に一度は東京で住む人も大勢いるだろう。けれどその後もずっと仕事を見つけて東京で暮らし続ける人は、そんなに多くないのではないだろうか。ひとりで東京で自活するのは簡単なことではないし、苦しいこともかなりある。時として見栄も張り本当は辛くて貧しい日々でも口には出さないこともあるだろう。
 カラスヤサトシは、本人も大阪で生まれ育ち東京にひとりで上京して、それこそ決まったあてのない、会社もやめ無職無収入の上京ひとり暮らしだった。マンガの中で、父親が気がつけば末期のガンだとわかり急遽大阪に帰った時に、母親に、あんたずっとこんな風に生き続けるんかと言われ、何も返事ができず、うなだれて病室で描いて送った四コママンガが意外にも編集者に好評で注文が来たりするのは、思わず「やったね」と声をかけている。
 大阪へは父親の死後も帰らず、なんとか生活できるよう仕事も少しづつ増え、上京してきた母親に食事をおごる時、ようやく「おのぼりさん」から脱出したと自覚する。
 「おのぼり物語」は、どこにでもある東京へ出てきた話のようでそうでない実が隠れている。どこかさらけ出すのがはずかしいような本音の自分を見ている気がして、思わず知らずうつむき加減にジンとなっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/09/23 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/19 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/11 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/20 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/29 02:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/05 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/21 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/10 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/04 02:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/06 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/17 11:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/16 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

14 件中 1 件~ 14 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。