サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~6/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~6/30)

hontoレビュー

まぐだら屋のマリア みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー138件

みんなの評価3.9

評価内訳

138 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

人の情けのあたたかさ

2014/09/28 09:40

14人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wayway - この投稿者のレビュー一覧を見る

このタイトルにはそそられてしまった。
キリストに関するミステリーか何かかな、面白そうと思って
読みだしたのだが、そこは著者のことだからやはりひと味違う!
のっけから、落とされてしまった。暗い暗いところへと。

シモン(紫紋)にマルコ(丸孤)
有馬リアであるから、どちらから読んでもアリマリアで「マリア」
と呼ばれるまぐだら屋のマリア。
そして、訳ありのヨハネ(与羽)とくると、真面目なのか?
おちょくっているのかが分からなくなる。

全体をとおしているのは暗いトーンであるが、もうひとつベース
にあるのが「人の情けのあたたかさ」である。
それも、押しつけがましさの濃いあたたかさではなくて、
むしろ控えめすぎるくらいのあたたかさである。
うまくいっている人には気付けなくって
傷ついて傷ついて、先が見えなくて命を断とうとするものにだけ
には身にしみて分かる情なのかもしれない。

本作品には、素直に脱帽した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最高です!

2015/02/04 01:49

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちびでぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は、ゆっくり読んでいたのですが、読んでいくうちに、止まらなくなってきました。マリアの薬指の秘密がわかった時には、なんとも言えない気持ちになりました。原田さんの本は好きでよく読むのですが、その中でも一番面白いです。是非読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おすすめ

2016/08/29 23:21

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栞ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつになっても、何があってもわが子を思い、受け入れようとする母親の優しさに胸を打たれる。帰る故郷があり、待っててくれる人がいることの有難さがよくわかる一冊。
内容自体も面白い。おすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

尽果に行ってみたい

2015/11/18 08:34

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、原田マハさんの著書を怒濤の如く読んでいるが、現時点でベストワン。物語の引き込み力がすごい。目が離せなくなる。マリアを取り巻く重要人物が、聖人の名前で統一されているのに神秘的な魅力を感じた。唯一接点がないが、裏切り者が湯田(ユダ)だったのが面白い。まぐだら屋の女将の方言が、物語の深みと重みを担っている気がする。マリアが尽果に流れ着いた理由と、与羽と再会し尽果を出て行ってしまう下りがちょっといまいちだったけど、まあしょうがないか。他が最高クラスの仕上がりだもんな。尽果に行けるものなら行ってみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

脆くてどうしようもなくて強くて優しい話

2021/02/24 11:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Jiji - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読みました。こんな食堂とこんな人たちから離れがたくて、話の展開が物凄く気になるのに、読み終わるのが残念だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どの人物も愛おしい

2019/06/17 12:25

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

『まぐだら屋のマリア』って、変な題名。
原田マハじゃなかったら買わなかった。
読んでみるとマリアをはじめ、紫紋(シモン)やら丸孤(マルコ)やら与羽(ヨハネ)やら、あきらかに聖書関連の人名が出てくる。
主要人物で唯一普通の名前の克夫は、ペテロと同じ職業の漁師だしね。
ひとをひどく傷つけてしまい、自分も深く傷ついた人たちの再生の物語です。
生きる気力を失いそうな程の体験をした人たちが生き直せるようになるには、“食べる”という行為が深く関わっています。
まさに、食べることは生きること。
一時話題になった食品偽装の事も出てきて、あれはつまりは不誠実な生き方の典型だったんだな。
最後150ページぐらいは、一気に読んでしまいました。
読み終えるまで寝られなかった。
どの登場人物も愛おしく思える、そんな終わり方でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度も読みたい

2019/11/17 07:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

都会から逃げ出した主人公が行き着いた最果ての町の料理屋まぐだら屋。そこの女主人マリア。彼女もここに行き着いた1人だった。
美術とはあまり関係ないが、原田マハ氏の代表作品になるのでは?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生の奈落をみた主人公が心を取り戻していく物語です!

2018/12/10 06:11

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、原田マハによって書かれた作品です。老舗料亭で吟遊の稽古をしていた主人公は、その料亭でおこった偽装事件ですべてを失います。その後、主人公は一人で意気消沈して、フラフラと様々な地域をさまよい、ある日、あるとあるバス停にたたずみます。そこから主人公の人生が少しづつ変わっていきます。一体、何があったのでしょうか。詳細は、ぜひ、本書をお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

心がほんわかしました

2018/03/05 16:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kiki - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも原田マハさんの作品は読み終わったあとに心が温かくなります。
この作品も素敵な作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

尽果という場所

2016/10/17 11:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

紫紋は、老舗料亭での事件から逃げ、死を覚悟して尽果に降りた。あの崖っぷちぎりぎりに建つおんぼろ小屋まで行こうと歩き始める。そこで、マリアと出会う。追いガツオの香りに、空腹を覚えご飯を食べさせてもらう。そこでマリアの店の手伝いをすることに。マリアの薬指が無いことや、女将との関係、店の常連客の暖かさ、漁師の克夫さん、聞きたいことや、聞かれないで有難いことや様々な気持ちが、紫紋の頑なだった心を次第にほどけさせてくる。丸孤が転がり込みやがて立ち直って母のもとに帰っていく。紫紋は、すっかり元気に回復する。
料亭仕込みの料理の描写が沢山あり、美味しそうだなぁと思いながら読んだ。香りまで伝わる描写は、やはりマハさんだ。面白いです。まぐだら屋というネーミングも、マリア、マルコ、ヨハネまで出てくるんだから。ま、いいか、マハさんだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

家族をおもう

2018/12/28 00:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みつはる - この投稿者のレビュー一覧を見る

死を思うほどのこととは何だろう、、、
そんな理由を探りながら読み進めると、いつの間にやら違うワナにはまってしまいました。
気づけば他の事も忘れ一気読み。

読後、長く帰っていないふるさとに帰りたい、ついそう思ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母親に感情移入

2021/06/04 00:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

悲しい物語だけど、温かくなれるお話でした。この本を読むと母親を想います。この物語では3人の母親が出てきますが、どの母親も子供を想い、心配し、愛おしく思っていますが、それぞれの状況が違って、ただただ子供を心配して待っている事しか出来ない母親からの数多い連絡に胸が熱くなりました。自分が女性なので、主人公よりも母親の立場に立って読んでいて、早くお母さんに連絡してあげてほしいと願いながら読んでいました。読後感は爽やかな本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お腹も心も満たす定食屋さん

2021/03/23 15:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

一流料亭から名も無き定食屋に流れ着いた紫紋と、深い痛みを抱えたマリアの交流が美しいです。海の幸を活かしたメニューがシンプルで美味しそうで、それぞれの過去を乗り越えていくラストが感動的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

まっすぐに生きる姿が眩しい

2020/01/10 10:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さくら - この投稿者のレビュー一覧を見る

一生懸命いきること、不器用な人間が嫉むこと、いじけることもなく自分の信じた道を歩き続けることなんて出来ないと思うけれど、真っ直ぐに進んだ人間の最後に与えられる「光」を感じられる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

やられました

2019/08/13 12:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒサロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

料理人の話かと思いきや、ドロドロの話でした。
ストレスに弱い方は、引き込まれる可能性があるので、覚悟が必要です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

138 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。