サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

  • 販売終了

電子書籍

3.11 クライシス!

3.11 クライシス! みんなのレビュー

    一般書

    予約購入について
    • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
    • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
    • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
    • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

    みんなのレビュー14件

    みんなの評価3.4

    評価内訳

    14 件中 1 件~ 14 件を表示

    紙の本

    東日本大震災と危機管理

    2011/05/06 15:00

    11人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

    投稿者:としりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

     本書は、東日本大震災後に著者がインターネット、新聞・雑誌に発表した論考集である。大震災後の政府の危機対応に関連するものばかりだ。
     ほぼ同時期にいろいろなメディアに発表されたものなので、重複する内容がずいぶん登場する。それはそれで主張の繰り返しになっているのである。
     著者は、この国家的危機に対応するために、与野党を超えた翼賛体制で菅首相を支えるべきだと主張する。

     今、与野党を問わず菅首相の退陣を求める勢力が少なくない。しかしながら、そもそも今の政権与党に菅直人に代わる首相適任者がいるのだろうか。評者が思うに、以下のようなことだろう。
     小沢一郎? とんでもない。この期に及んでもマニフェストの修正を許さず、反米的で独善的な安保観、政局が第一、という人物など断固拒否したい。菅直人の方がはるかにマシ!
     鳩山由紀夫? これはもう論外。できもしない「最低でも県外」連発、その夢想的な言動は忘れない。菅直人の方がはるかにマシ!
     前原誠司? 外相ならともかく、首相を任せるには言動に危ういところがある。
     ほかに岡田克也、原口一博らも、首相の器としてはあまりに未知数で、菅直人よりマシだとは言い切れない。
     ならば、いっそ解散総選挙? 今は、数週間の政治空白を生む解散総選挙のタイミングなのか。

     今は国難!、至らないところが多々あることは承知の上で、今の首相を与野党超えて支えるべき、というのが著者の意見である。
     また、日本の危機対応を国際社会がどう見ているか、という点には敏感でなければいけない。それと関連して、国際社会への発信力が重要だろう。
     その点でも、著者はいくつか重要な指摘をしている。
     さらに、この危機にあたって、生命至上主義や個人主義という戦後日本の基本思想の限界が明らかになった点も指摘する。
     そこらも極めて興味深いところである。

    このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

    報告する

    紙の本

    アドバイス

    2012/02/19 16:55

    8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

    投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

     東日本大震災後の政府対応について,いわゆる「おひとりさま内閣」的な菅政権に対し,様々なアドバイスをしているのが本書.
     アドバイスの範囲は,非常時に於けるリーダーの心得から,外交対応,さらには大連立の勧めまで,極めて広範囲.
     アドバイスの内容は簡潔かつ具体的であり,「もっと議論を」などといった先送りや,または,抽象論に逃げたりもしておらず.

     ロシアの「助言」(p.40-42)と,シグナルとに応えよ(p.49-52)
     感謝表明の意見広告を掲載せよ(p.52-55)
     「悪魔の弁護団」を組織せよ(p.62)
     ロシアの見解表明(p.154-155)に対して釘を刺せ(p.157)
     原発を輸出したいロシアは,「原発は安全だが,日本の危機管理体制が杜撰なので,大事故に発展した」という情報工作を行っている(p.192-193)
     震災救援における米軍の活躍を,辺野古移設の口実に用いるな.沖縄の不信感と反発をいっそう強める.(p.186-189,225-226)
     震災問題を情勢論で論じるな(p.207-208)

     その他,著者独自の情報や分析にも,興味深いものあり:
    「パニックを恐れて,余計な情報は出さないという心理が透けて見える」「私達のリスク観はもっと成熟しているのに,バカ_している」(p.20)
    「政府は初動の段階で,マスメディア対応を誤った.
    『大丈夫だ.対応はできている』
    という方向で説明を行い,原子力発電に理解のある記者達が,その方向で記事を書いていたが,昨日の午後になって,
    『違うじゃないか.騙された』
    という気持ちを,これまで政府の立場に理解を示していた記者ほど,強く持つようになった」(p.21)
     マスメディアが責任追及の姿勢をとると,官僚や原子力専門家は,萎縮して規則やマニュアルの範囲内でしか行動しなくなるから,緊急に報道協定を結べ(p.22-23,26,79-81,194-196)
     「想定外」は逃げ口上にあらず(p.148-149)
    「エリートは,責任回避のための知恵ならば,山ほど持っている」(p.175-176)
    「震災対応の最中にも,リビア情勢に関してコメントを出せたことは,日本の国益を守った」(p.33-35)
     海洋投棄は国際法に違反する.外務省の当事者意識が薄いのは問題(p.64-67)
    「合理主義・生命至上主義・個人主義の3原理に基く危機管理では,合理主義の枠を超える危機には対応できない」(p.151)
     専門家が本部に詰めていても,閣僚の誰にも何も情報を上げることができない体制(p.214-216)
     原発対応はアメリカに丸投げ(p.236)
    「防衛官僚の説明をメアが鵜呑みにしたのが真実と,筆者は見ている」(p.250-251)

     参考文献一覧も,それなりに参考になりそう(p.260-263)

     ただし本書の欠点は,しばしば論旨展開が非科学的であること.
     そうした論理展開は根拠薄弱であり,説得力を低下させている.
     本書に頻繁に出てくる「遺伝子」なる言葉は,その最たるもので,「昔からそういう傾向がある」などと言われても,社会構造の変化などの考察が欠如していては……
     また,親類縁者に元諜報関係者がいるからと言って,必ずしも「その遺伝子を受け継いでいる」とは軽軽には言えないだろうことは,たとえば本書で持ち上げられている前原氏の,土壇場での数々の腰抜けっぷりが証明しているだろう.
     仮にも外務省分析官だった人が,そんな非論理的な「分析」をしていては,それこそ「各国情報機関に誤ったシグナルを送りかねない」のではないか?
    「国難なのだから,菅首相にフリー・ハンドを与えよ」とも繰り返し主張しているが,ただでさえ政権延命のために情勢を利用しがちだった菅に,そんなものを与えたらどうなっていただろうか.
     その点でも分析甘し.

     また,本書は書下ろしではなく,既に各所で発表した著述のアンソロジーに過ぎないため,記述内容の重複が数多し.
     二度,三度は我慢できても,4度,5度ともなると,あくびモノ.
     読者の支払うコストパフォーマンス面でも,良いとは言えず.

     そのような点から,著者の劣化傾向への危惧を,強く持った次第.

     読めば?
    【関心率22.05%:全ページ中,手元に残したいページがどれだけあるかの割合.当方の価値観基準】

    このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

    報告する

    紙の本

    同意できる点もすくなくないが,耐えがたい,おなじ論旨の多数回反復

    2011/05/17 00:03

    5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

    投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

    著者は震災後 4 月おわりまでのあいだに,この震災に関する 50 ちかい文章を書いている. おどろくべきことだ. 菅直人や東電への批判がつよいなかで,著者は菅をというよりは首相を支え,東電を応援することの重要性をといている.

    多数の文章のなかには重複する内容が非常におおい. 明治天皇のおなじ短歌が 7 回以上引用され,おなじような論旨がつづいている. おなじことが 2 回,3 回くりかえされても耐えられるが,10 回ちかくもくりかえされると,もはや耐えられない. もとのままの文章をつたえたかったのだろうが,重複がすくなくなるように編集するべきではなかったのだろうか?

    著者は原発事故の収束のためには近代主義的な生命至上主義,個人主義を超克し,「命を捨ててくれ」というような命令が必要になると論じている. しかし,福島ではこのような命令をしなくても原発にむかっていく大勢のひとがいて,我々もそれに勇気づけられるのだ. そのような命令が必要になることこそ末期的だとおもえる.

    このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

    報告する

    2011/06/30 07:25

    投稿元:ブクログ

    レビューを見る

    2011/04/29 09:40

    投稿元:ブクログ

    レビューを見る

    2011/05/18 22:49

    投稿元:ブクログ

    レビューを見る

    2011/05/17 22:34

    投稿元:ブクログ

    レビューを見る

    2011/12/16 10:58

    投稿元:ブクログ

    レビューを見る

    2011/07/15 14:51

    投稿元:ブクログ

    レビューを見る

    2011/12/17 21:06

    投稿元:ブクログ

    レビューを見る

    2011/07/06 08:27

    投稿元:ブクログ

    レビューを見る

    2011/08/09 23:01

    投稿元:ブクログ

    レビューを見る

    2012/05/14 23:27

    投稿元:ブクログ

    レビューを見る

    2019/06/12 20:57

    投稿元:ブクログ

    レビューを見る

    14 件中 1 件~ 14 件を表示
    ×

    hontoからおトクな情報をお届けします!

    割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。