サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

honto 9周年 読書応援福引キャンペーン ~6/30

hontoレビュー

勇気ある言葉 みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

傑作エッセイ

2017/09/24 08:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和49年7月から昭和50年12月までの毎日新聞連載エッセイの文庫化です。1テーマが2.5ページ程度ですので、サクサク読めます。
 表題(諺・格言・流行語等)と本文(遠藤先生のコメント)、そして暴走気味の本文を修正する「編集部注」で構成。40年以上前の作品ですから、女性の社会的地位等、時代を感じる箇所もありましたが、役所の予算消化、消えゆく昔ながらの風景や情緒、クレーマー、ワイドショーの胡散臭さ等々、古さを感じないテーマも多数。そして、最終回で明かされる大きなトリックに狐狸庵先生の面目躍如です。

 私は高校生の時に読んで以来の再読で、エッセイの面白さを知った本です。本書を読んで遠藤周作氏に興味を持ち、小説も読みました。小説は、ユーモア溢れるエッセイとは一線を画し、時代小説から怪奇小説までと幅広く、すっかりファンとなりました。個人的には「海と毒薬」「イエスの生涯」が好きです。遠藤先生が亡くなって20年以上立ちますが、エッセイでさえも全く老いていないと思いました。
 ところで、本エッセイを書いたのは遠藤先生が51歳の時です。今の私よりも若いということにびっくりしたのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/13 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/23 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/12 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。