サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

honto 9周年 読書応援福引キャンペーン ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 講談社
  6. 講談社+α文庫
  7. 「人望力」の条件 歴史人物に学ぶ「なぜ、人がついていくか」
  8. 「人望力」の条件 歴史人物に学ぶ「なぜ、人がついていくか」のレビュー

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

日本式リーダーシップの基本を再認識させる「元気の出る」本

2004/10/16 00:06

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:良書普及人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 都会で働くサラリーマンにも厳しい時代が続いている。特に中高年にとってはリストラの不安を抱えながら、果たして部下が自分たちについて来てくれているのか不安に思う毎日である。その様なときに、この本を読むと、大いに共感を覚えて元気が出る。
 経済、政治、社会、外交も含めて日本人の意識も国際化が求められ、幕末開国以来の激動期を迎えていると、皆が思っている。大河ドラマで新撰組が取り上げられるのも、そういう時代背景があると思う。一方で、バブル崩壊以降続く不況の中で、価値観や生き方のコンセンサスが破壊され、応仁の乱以降の戦国時代のような観を呈している時代でもある。
 こういう中で、今の日本人は自信を失い、組織の中での生き方に不安を覚えつつあるのではないか。しかし、日本式リーダーシップが全て悪いわけではない。何時の時代でもリーダシップの基本は「人が決め手」であると筆者は断じる。
 歴史上の人物のリーダーシップの事例を紹介し、人望こそが人を動かす鍵であるとし、その実例を畳み掛けるように紹介し、読み手の自信を回復させてくれる。
 徳川家康の隠し子だと言われた土井利勝は、「間」を大事にしたと書かれている。短兵急に部下を叱るのではなく、考えさせる時間を与えた。そういう間がないと、「間抜け」になると冗談を飛ばしていたのだそうだ。いいなあ、と思う。何事も、短期的な成果主義が蔓延る中で、こういうリーダシップは懐かしく思える。
 こういう本を読む世代になったということは、年齢が増し、部下を育てる責任が出てきたということかなあ、などと思わず苦笑せざるをえないが、歴史を紐解いて自らの行動規範を求めることは、毎日の安心と元気を回復する特効薬だとつくづく思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/26 08:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/23 10:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/16 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/26 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/12 08:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/01 03:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。