サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

honto 9周年 読書応援福引キャンペーン ~6/30

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (15件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
27 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

うたに抱かれて

2017/04/29 05:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人がその姿かたち、性格とさまざまであるように、家族のありようもさまざまだ。
 昭和と呼ばれた時代の家族像と平成のそれでも違うだろう。
 それでも、家族は生活のひとつの単位ではある。
 そのもとになるのが夫婦だろう。
 大学の時の出会いから伴侶のガン死まで四十年にわたる夫婦が残してきたもの。
 それは夥しい数の歌であった。
 特異ではあるが、それもまたひとつの夫婦像、家族像なのだ。

 本書は、2010年8月に乳がんで亡くなった歌人河野(かわの)裕子とその夫である同じく歌人永田和宏の、その出会いから別れまでの長い期間に互いに詠み合った相聞歌ともいえる短歌の数々と、二人のその時々のエッセイを抜粋して出来上がっている。
 タイトルにもなっている「たとへば君」は、まさに二人の出会いの頃に河野が詠んだこんな歌からとられている。
 「たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてくれぬか」。

 そういう若い愛を詠んだ歌を好きな読者もあるだろうが、やはり私は河野の短歌の代名詞ともいえる、家族を詠ったそれの方が好きだ。
 「たつたこれだけの家族であるよ子を二人あひだにおきて山道のぼる」。
 この歌のあとに、「これからも私は、たったこれだけの家族にかかずらわって歌を作ってゆく」、河野のこんな文章を添えて、エッセイも残している。 

 それでいて、河野は療養中何度も狂気のふちを歩くことになる。
 家族はそんな妻をそんな母を受け入れるしかない。
 そういう凄惨な事実を家族という殻で包み込むのもまた、家族なのだ。
 河野はそれさえもすべてわかって、この世を旅立ったにちがいない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少しずつ少しずつ

2018/05/05 23:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

歌人夫婦の河野裕子・永田和宏の本で、乳がんが再発して逝った妻の遺した短歌と随筆を、夫が自らの歌と文章(科学者らしい冷静な文章)も交えながら編んだ本です。
 少しずつ少しずつ読むのがぴったりの本。だって、何ページも読むと、切なくてたまらなくなるから。
 タイトルは河野の若き日の代表作である、 
たとえば君 ガサッと落ち葉すくふやうに 私をさらつて行つてはくれぬか
から採ったものですが、若き日に「たとえば君」とよびかけられた永田が、逝ってしまった河野に「たとえば君」とよびかけ返している返歌のようにも思えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度も読み返したい歌集です。

2015/08/23 20:48

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mars - この投稿者のレビュー一覧を見る

夫婦2人の出会いから死別までの作品が載せられています。途中奥様ががんを患います。それからの歌がますます鮮烈です。文語のもつリズム感と相まって、夫婦それぞれの想いがよく伝わってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短歌の伝える力

2015/06/03 02:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

若い日の歌と生活から、晩年の河野が癌の再発で亡くなるまで。河野の作品は生活実感がそのまま歌に表れる根っからの歌人。永田の歌が反対の立場の心を表す。文章以上に相手に伝える歌の力があるのかを教えてくれる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/05/09 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/02 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/13 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/25 09:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/08 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/30 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/15 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/23 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/15 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/01 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/27 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

27 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。