サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

honto 9周年 読書応援福引キャンペーン ~6/30

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

首をかしげたくなるくだりが散見されるところが残念

2021/06/01 14:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:719h - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書には、様々な漢籍から拾い集められた、
百句以上もの簡潔な箴言が、
文中の全ての漢字にふりがなを付されて、
おさめられています。

個々の引用句は、
それぞれ興味深くはあるものの、
個人的に気になった点が幾つかあり、
ここでは三点だけ挙げます。

第一に、はしがきで、
孫子の作戦篇にあるとして引かれている、
「巧遅は拙速にしかず」という言葉についてです。

管見では、その直接の出典は孫氏ではなく、
「文章軌範」の中の有字集小序のようです。
孫氏の作戦篇にあるのは、それとはやや異り、
「兵は拙速を聞くも未だ巧の久しきを賭ざるなり」
という言葉です。

第二に、「虎を射て石に中る」を扱った章で、
「中島敦の『山月記』はこの話に基づいている」
と述べていることです。

ところが、あたってみたウェブ上の辞書では
一様に、「山月記」は、唐代の伝奇物語である
「人虎伝」を題材とした作品である、
説明されていました。

第三に、「重宝を懐く者は夜行せず」の章で
著者が「重いは「重」、重ねるは「重」と読む」
と断言していることです。

少し考えてみても、「重婚」、「二重」、
「三重」といった言葉に含まれる「重」は、
重ねる、重なるという意味でしょうけれど、
「じゅう」と読みますし、一方で、
丁重にもてなすの「丁重」、或いは、
鼎の軽重を問うの「軽重」を構成する「重」は、
重いという意味にとれますが、
「ちょう」と読み習わされています。

言うまでもなく、古典からの引用句には、
その言葉自体の持つ、文語独特の形態と
意味の重みと、そこからにじみ出る
深い味わいとがあります。

本書においてそれを損なわないためには、
少なくとも以上の三点について、
慎重な検討が必要だったように
思えてなりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/02 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/22 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。