サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

修正:新規会員30%OFFクーポン(~6/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.9

評価内訳

50 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

歴史の考え方がよくわかる

2017/03/18 22:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

序章と終章を除いて、4つの章立てで構成されている。このうち核心となるのは、第2章だと受け取った。歴史の法則性の問題、時代の特性の大切さ、時代区分の意味や背景など、学校の歴史の授業では習ってこなかったことが、筋道を立てて解説される。第4章では、古代から近代までの歴史の流れの要点が、著者独自の視点で整理されている。これから歴史を学ぶ若い人に、是非とも読んでもらいたい1冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愉しめる史学概論序論

2016/01/15 09:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

史学概論と重なる部分と著者も少し書いておられるが、やはり高校までの日本史とは少し異なったものである。
 歴史用語の意味、時代区分の考え方、研究動向の話が語られており、歴史小説好きとは一線を画した歴史ものである。
 どこかでこういうものを読むことになるのだろう。でも忘れてしまいますが、歴史好きでも頭の整理にはいいですね。
 面白いのはまず触れる人がいない岡田英弘氏や渡辺京二さんに触れている点である。反唯物h史観としてではある。
 著者のスタンスは極論嫌いだけでありうまく泳いでる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史の見方を学べる

2014/06/07 23:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふとっちょパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういう先生に習うと歴史も面白いのだろうが、多くは居ないのではないかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史的思考力を養おう!

2014/02/18 21:19

3人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とーるさん2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

わかりやすい文章ながら内容の充実した一冊。頷きながら本のページをめくり、歴史の流れが理解でき、他の歴史本も読みたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史的思考力って何?

2013/12/15 10:50

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史知識の詰め込みにすぎない高校教育のせいで、日本史を嫌いになった方はたくさんいると思います。私もそうでした。

 本書を読めば、歴史を学ぶ視点を知ることができ、視野が広がるでしょう。例えば第三章では「天皇の血筋」というキーワードのみで、古代史(ヤマト政権から武士の登場まで)をつかむ試みを行っています。第四章では三つの武家政権をざっくりと把握することで、鎌倉時代から日露戦争までをつかむ試みです。歴史の単純化には問題もありますが、多様な視点を知っておけば、暗記のみの不毛な勉強から脱することができ、日本史が面白くなるでしょう。
 また、歴史をつかむにあたっての注意点も明らかにしています。すなわち、「史料もなく、思い込みだけで歴史を研究することなどできない(47ページ)」「現代の感覚で安易に過去を見ないことが大切(53ページ)」「史実をパズルのように組み合わせて独りよがりの解釈をする人がいる(53ページ)」「さまざまな史実の中で都合の良い部分だけを抜き出して、特定の人物を礼賛するのも戒めるべき(54ページ)」等々。
 「史料至上主義では本当の歴史は解明できない」と主張し、珍説・奇説を集めてきては「逆説だ!」と歴史家を気どっている小説家に、つい最近まで傾倒していた自分を恥ずかしく思いました。

 しかし、紙幅の都合という理由で、近現代史を端折るのはいかがなものでしょうか。つまり、終章で「歴史的思考力とは、現代に起こる事象を孤立したものではなく、歴史的な視野の中で考えていくということ(251ページ)」と結論づけています。私はこの結論を勘案すると、他の時代を省略してでも近現代史の視点を示すべきだったと思います。残念ながら、山本氏は近現代史から逃げてしまいました。読者に自習しなさいということでしょうか。これでは中学・高校の授業と同じだと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/24 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/27 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/07 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/22 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/23 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/23 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/02 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/18 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/29 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/16 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

50 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。