サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

修正:コミック ポイント最大50倍(0428-0531)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2005/10/05 08:28

投稿元:ブクログ

魔女の館に侵入開始。いろんなトラップが張り巡らされたり、魔力で作られたモンスターたちを蹴散らしたり、勝手に自滅したりして、魔女の元にたどり着き、なんとか呪いを解くアイテムをゲット!
ってな感じの下巻です。
今回、クノックがほとんど活躍しないですね。デュアンもたしかに重要なポイントで活躍したわけだけど、やっぱり目立つのはオグマ&サマラ。最後の最後でとんでもないことになっちゃうわけだけど、キャラ的にはおいしいですね。
深沢先生の作品世界は全てが同一の世界で時代が違う程度らしいです。まぁ、有名どころのフォーチュンとデュアンだけだとは思いますが。世界的にきちんとリンクしてあるってのは面白いところだと思います。

2011/12/11 23:17

投稿元:ブクログ

昔の電撃文庫はおまけがいっぱいでお得感がある。巻頭にはカラーイラストとあらすじマンガ、それに本編でも5ページ毎にイラストが載ってる。すごいなぁ。

ラミュアの話は、やっぱり彼女の自業自得としか思えなかったな。自分の幸せを他人に求める時点で間違ってる。でもアニエスはラミュアに同情しちゃったりして、母親が小鳥に変えられちゃったのに、ものすごいピュアな子だ。だからアサシンもうっかり助けちゃったのかしら。そういうとこ、アニエスとデュアンは似てるのかも。

FQにはちょっとない、人のドロドロな部分も描いていくのがDSなのかしら。ドロドロって言っても、のほほんとしたものだけれど。

即席パーティーが解散して、デュアンとオルバとチェックは正式なパーティーになった。オルバかっこいい。デュアンの装備を調えてあげる気満々だし、オルバまじ保父さん。これからデュアンが成長して、オルバと肩を並べるファイターになる日が……くるのかしら?ジョブチェンジしたら?
オルバの過去もこの先、出てくるのかな。デュアンとチェックがどうやって一緒に行動するようになったのかも気になる。アニエスとも、また一緒に冒険するようになったらいいな。

しかし、チェックかわいいわ。

ところでDSにもFQにも出てくるキャラって誰だろ?ブラックドラゴンのDJのこと?たしかデュアンと会ったことがあるって言ってたっけ。神さま達も出てきそうだよね。双子の魔女のオグマとサムラもひょっとしてひょっとしたら出てくるかも…。

2012/08/07 04:02

投稿元:ブクログ

うん。ラノベは数時間で読めちゃうとこが良いですね、やっぱり。

上下巻通しての感想になります。

初心者冒険者である主人公、デュアン。その姿は殆ど読者と重なるわけで。非常に共感し易いんですよね。問答無用でモンスターに立ち向かう、よりはまず逃げ道を探してみたり。本当に普通!
つまり彼は読者の代弁者のようなもの。

そして彼と行動を共にすることとなる先輩ファイターの大人の男(と言っても今や私より年下)オルバ。彼のサバけた豪快?お茶目?な性格が気持ちいい。うん、男臭いと言うのかな。気がいいヤツだけど、決して甘やかすわけじゃない、みたいな。

そしてヒロインのアニエス。ちょっと気が強くてカッとなりやすく無謀なとこもあるけど、反面素直で正義感に溢れる王女様!王女様で冒険者ってのは凄いわ。
勿論美しいし、魔法使いなんて華のある存在。でも魔力を制御できないと言う欠点も持ってる。

そして忘れちゃいけない仲間、キュートなチェックと頼れる雪豹のクノック。

やっぱり動物的な仲間はほっこりするしなんかいい。○人と一匹、みたいな。萌えます、ええ。

内容に関しては、ですね。フォーチュンに比べて冒険自体がメイン!て感じがまた読み応えあると言うか。フォーチュンに読み応え無いとかでなく、冒険小説読んだ!って言う満足感があります。勧善懲悪で無く、敵側の背景なんかも書かれていて、そこもいいなあ。

ラストの雰囲気はフォーチュンにも通じるところがあるけれど、それよりもまがまがしさだったり、サバサバ感だったり、ちょっと大人な味もあり。

3 件中 1 件~ 3 件を表示