サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1214-16)

修正:予約キャンペーン(1214-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー74件

みんなの評価3.7

評価内訳

74 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

あなたならこの作品を芥川賞に推すか

2016/08/16 07:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第155回芥川賞の選評が「文藝春秋」9月号に掲載されている。
 面白かったのは、それも近年まれにみるぐらい、高樹のぶ子委員の「胸を打つ、という一点」と題されたそれである。
 今回の芥川賞受賞作はご存知の通り、村田沙耶香さんの『コンビニ人間』だが、その作品に触れることなく、まして他の候補作など眼中になく、ただこの本、『ジニのパズル』がいかに素晴らしい作品かを論じた短評になっているのだ。
 これはなかなか珍しい。

 この作品は2016年に第59回群像新人文学賞を受賞した。
 作者崔実(チェ・シル)は1985年生まれということだが、この物語の主人公ジニはまだ中学生だ。時代は北朝鮮がテポドンを初めて発射した年1998年だから、ほぼ作者の年とダブってくる。
 小学校を普通の日本の学校で過ごし、中学から朝鮮学校に通い始めたジニ。
 ちょうど思春期にあたる頃、自分の出自と向かう合うことになったといっていい。子どもから大人に変わる苛立ちが、言葉の差や民族の違いと重なっていく。
 やがて、ジニの怒りの対象は学校の壁にかかる北朝鮮指導者の写真へと向いていく。
 小さなジニにとって、「革命」という言葉は大人の世界に燦然と輝くものだったのだろう。写真を棄てること、それがジニの「革命」となっていく。

 ジニの行為は幼いのか。
 あるいはこう言い換えてもいい。ジニの行為を描いたこの作品は未熟なのか。
 高樹委員は「この切実で圧倒的な魂の叫びを潰してはならない」とまで書いているが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

力強いデビュー作

2016/08/05 15:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K.ザムザ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表現にはまだ初々しさが見られるが、そんなことが気にならないほど力強い作品だった。
主人公・ジニの違和感、苦しみ、怒りが痛いほど伝わってきて、ラストシーンでは思わず泣いてしまった。
世の中には受け入れ難い事象が数多ある。それでも、受け入れること、受け入れられることで皆が輝くことができる。そう強く叫んでくれる本書と著者に感謝したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エネルギーを感じた作品

2017/02/28 22:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mame - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんだろう、この若さあふれる新鮮な感覚。
ジニが時折パーンと爆発する様が気持ち良くもあり、切なくもあり・・・
つらい事・うまくいかない事だらけなのに、何気ないユーモアと、ジニの生来の真っ直ぐなキャラクターが清々しく、笑ってしまう場面もあって楽しく読めました。
どうにもならない現実の厳しさ、それでも生きていける希望を感じさせてくれる物語。
今後の作品が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

在日朝鮮人少女の抱える空色の青春小説

2017/01/28 06:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:baron - この投稿者のレビュー一覧を見る

第59回群像新人文学賞を受賞したチェシルさんの小説。

日本人にはまず書けないでしょう。
日本人と韓国人との狭間で自分のアイデンティティが揺らぐ少女ジ二の気持ちがとても悲しく、でも、とても美しくもありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/11 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/14 14:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/12 02:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/17 07:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/23 10:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/03 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/08 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/26 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/18 08:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/14 07:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/18 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

74 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。