サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

hontoレビュー

電子書籍

地鳴き、小鳥みたいな

地鳴き、小鳥みたいな みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

ささやかな清流の美味い水

2016/12/23 21:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:j_j_ichi - この投稿者のレビュー一覧を見る

ええと、これはどんな感想を持ったと語るべきなのだろうか、というのが感想。
 “短編集”と銘打たれた帯に従うのであればこれは小説なのだろうし、文芸誌に掲載されていた文章であることも考えれば小説なのであろうと思うのだけれども、これが小説であるという先入観を持って読み始めたら、とてつもなく戸惑うことになった。
タイトルがつけられた4つの文章があるのだけれど、それぞれが緩やかにつながっていて、とりとめもないような思考と意識がこちら(=読み手)の存在をほとんど気にしないような感じで、ささやかな清流のように静かに音を立てて流れていく。その水をすくいとろうとしても、すくいとった水はすでにすくいとろうとした部分の水ではなく、すくとろうとした部分の水は既にかなり下流に流れていっている、でもすくってみた水をちょっと口に含んでみたら美味い、そんな心地。こんな感じで何を言ってるのかあんまりわからないのだけれども、本当にこの本についてはあらすじを語るのはナンセンスというか、あらすじをまとめることがほとんど不可能なので、ページをめくってもらうしかない(…と、書いているこの文章も保坂さんの文章に多分に影響を受けている気がする)。
 するすると読み進めていくことができるようなタイプの文章ではないけれど、読み終えるとなんだか不思議な余韻が残り続ける。文法的にはおそらく正しくない表現が多数出てくるのだけれど、その引っ掛かりも含めて。小説の中での自由な表現を求め、小説という枠を静かにブチ壊しにかかっているような。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/19 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/18 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/28 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/27 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/19 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/15 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。