サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

まさかの正統続編

2015/11/14 20:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説版「幻魔大戦」が、新宗教的な方向にイってしまい、その他「新幻魔大戦」、「真幻魔大戦」、石ノ森先生による別バージョンなどがありましたが、まさかのサンデーコミックス版の正統な続編。驚きました。「映画版」の幻魔大戦しか知らない方にとっても、ストーリーとして違和感があるはず(映画版は一応、そのなかで完結)。
チャレンジとして評価します。今後にも期待したいところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ある種『幻魔大戦』が『幻魔大戦』らしく復活したように思える

2017/09/24 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

『幻魔大戦』といえば、個人的にはおそらく精神形成の一部を担ったであろう特殊な位置づけとなるマンガであったし、そこから派生(?)した『新幻魔大戦』『小説版 幻魔大戦』『真幻魔大戦』『石森版 幻魔大戦』は青年期の愛読書であったので、その後平井・小説版にはついていけなくなったところはあるものの、マンガが再刊されればどうしても捨てておくことはできなかったというものだ。
なので、『rebirth』と名付けられ、平井和正でもなく、石森章太郎でもない者が描く『幻魔大戦』に惹かれるところはあるものの、一抹の不安もぬぐい去れないものがあった。これまでも石森マンガのリメイクはいくつも読んだことがあるが、オリジナルと拮抗しうるようなものはほんの数えるものしかなかったからだ。やはり、オリジナルは偉大だ。
ところが、この『rebirth』は何となく期待できそうな気がしている。
まだ第1巻しか読んでいないのできちんと評価できないところはあるが、これは単にオリジナルをなぞるのではなく、『幻魔大戦』という壮大なストーリーの根幹にかかわるところを踏まえたある種のオリジナルを作り出そうとしているようにみえる。
ともかく良く出来ているのだ。
それは、作画をしている早瀬マサトと石森プロの絵がうまい具合に錯覚させてくれるようになっているところにあるように思う。石森章太郎のスタッフだったのだから当然と言えば当然なのだが、オリジナル『幻魔大戦』の絵柄をうまく描いているし、細かいコマ割やコマの絵がオリジナルそのままだったりするところがにくい。だが、ストーリー全体としてはオリジナルとは異なっているのだ。
また、随所に石森の他作品のキャラクターが登場したり、平井版のキャラクターも描かれていたりして、それもまたファンの微妙な気持ちをくすぐってくれる。
ともかくまだ第1巻で、ストーリーは始まったばかりだが、早く続きを読みたくなってしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/06 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/18 01:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/18 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示