サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:10%OFFクーポン

【OP】コミックセット 20%OFFクーポン(~4/23)

hontoレビュー

電子書籍

八月十五日に吹く風(講談社文庫)

八月十五日に吹く風 みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー48件

みんなの評価4.3

評価内訳

48 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

戦争文学の名作がまた1つ誕生

2017/10/24 06:35

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クンタキンテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

数年前に、「永遠のゼロ」という本と映画が大ヒットしたが、この本は、その「第2弾」といってもよい著作である。著者が違うけれど、大変によくできている。特に、この著作が、史実に基づいていることが重要であると思う。なお、本著作では、キスカ島からの救出作戦という、大変に地味なテーマが描かれているが、これは、敵中を突破する作戦であり、さらに言い換えれば、綱渡り作戦でもあった。なお、私は、この作戦を実行した木村氏の人柄に非常に感心した。私自身も、今後、明るく、分け隔てなく、彼のようにふるまえたらと思っている。繰り返すようですが、この本は、先の大戦における、有名なエピソードについて、広く多くの人たちに知ってもらえるように書かれた(?)著作になっています。おすすめの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ぜひ、映画も観て欲しい

2017/09/15 14:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美恵子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

キスカ島撤収作戦のお話。史実に基づいた、内容で、素晴らしい。戦争について、これまでとは違った視点から考えさせられます。軍艦が見えるシーンは、思わず涙ぐみました。今では、あまり知られていませんが、三船敏郎さん主演で映画化されています。艦長さん、ヤケにカッコよく堂々しすぎですが、円谷英二さんの映像がスゴイです。ぜひ、白黒映画も観て欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キスカ島を知る

2018/01/27 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

太平洋戦争の史実に基づくキスカ島からの5,200人の帰還の物語。北方の小さな島で繰り広げられた戦争の様々な状況。物資不足の中での人命救助。そこに至るまでの軍上層部の決断。平和ボケと言われて久しい日本の国。歴史に学んでほしいと、切に願うのは、私だけではないと思う。一人でも多くの人に読んでもらいたい作品。戦争の犠牲になったのは、尊い命を平等に持った一人一人だ、ということを忘れてはいけない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あの戦いの中で

2017/12/13 11:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真田丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

特攻、玉砕など日本人による非人道的な行動ばかりが注目されたあの太平洋戦争で、人の道を説く人達がいた。
キスカ島撤退作戦は、木村少将率いる水雷戦隊が濃霧の中で米軍を出し抜いて、成し遂げた太平洋戦争末期の奇跡の作戦(日本が勝利した数少ない戦い)としては識っていましたが、その裏に戦時下で将兵の命を守る為の内なる戦いがあったとは。
戦争の悲惨さを改めて感じさせられるとともに、われわれ日本人の民族性が人命を軽んじ野蛮であるという世界的な間違った理解を改めることが出来る、少し救われる気持ちになる作品でした。また、その日本人の民族性の間違った理解が改められて、安寧な終戦処理が進み、戦後の日本の発展につながったということは、初めて気づかされました。
骨太な物語ですが、ストーリー展開は早く、ついつい読み進んでしまいました。多様なジャンルを手掛けられている、作者の松岡圭祐さんのセンスが感じられる作品でした。
太平洋戦争を身をもって体験された世代はその大半の方が鬼籍に入られ、伝えられる人も僅かです。われわれがこのような作品を語り継ぐことで、悲惨な戦争が二度と起こらないような世界を作っていければ、と願うばかりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争とは

2017/08/24 08:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

恥ずかしながらキスカ島の撤退作戦についての知識がほとんどなく、こんなことがあったのか、こんな人々がいたのか、と驚くことがたくさんあった。困難な状況において極端な方向へ走ってしまうことがままある「組織」というものの中で、冷静な判断ができる人物の重要性は、どのような時代でも変わらないのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/03 10:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/01 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/11 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/12 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/04 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/09 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/12 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/17 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/06 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/10 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

48 件中 1 件~ 15 件を表示