サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6周年施策(ポータルページ)

6周年施策(ポータルページ)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

鋭すぎる視点。読む価値ありだと思います。

2017/07/30 09:14

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまがわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

雑誌『AERA』に2008年から6年半にわたって隔週で連載された
900字コラムを収録したもの。
連載順ではなく、テーマごとに再編集されているが、文章は当時のままのようだ。

時事問題を扱っているコラムでは、その前提となっている話題(週刊誌発行当時は
前説明なしで読者が認識していたであろう話題)を、読んでいるこちらが
よく覚えていないというようなこともあったが、
書かれている内容はもっと中長期の、ある程度普遍的なものが多いので、
読んでいて問題は感じなかったし、楽しく読むことができた。

第1講が 生き方・仕事論
第2講が メディア論
第3講が 国際関係論
第4講が 教育論
第5講が 政治・経済論
第6講が 時代論

1話につき900字なので短いが、中身が濃い。
そして、切り口が非常に鋭い。
認識を改めさせられるというか、考えさせられるというか、軽い衝撃を受けっぱなしという感じ。

この中身の濃さで文庫本。読む価値ありだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マスコミや政府は変わらない

2018/05/21 21:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

内田樹の『直感はわりと正しい』を読みました。
10年ぐらい前からの連載エッセイをまとめているので、古い話題もありますが、切り口はいまでも新鮮。
ということは、ウチダ先生がいくらいっても、。
神戸女学院大学の教員の経験を通して書いた「親たちとのかかわりから一つ学んだのは、未成熟な親の子どもはやはり未成熟で、利己的にふるまう親の子どもは同じく利己的にふるまうことである。家庭教育はまだちゃんと機能しているのである。」という一節にはうなずかされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内田さん

2017/10/22 13:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とし福岡 - この投稿者のレビュー一覧を見る

やわらかい。
受け入れやすい。
考えが深い。
年齢を重ねて、経験に裏打ちされて練れた理論展開で納得させられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/03 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示