サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

★OP 最大40%OFFクーポン (クーポン祭り)

修正:新規会員30%OFFクーポン(0601-30)

hontoレビュー

電子書籍

百鬼夜行抄 26巻(Nemuki+コミックス)

百鬼夜行抄 26巻 みんなのレビュー

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
16 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

好きでずっと読んでいるけど。。。

2017/12/28 23:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Masetto - この投稿者のレビュー一覧を見る

お気に入りマンガでずっと読んできたけど 最近は年に一回でるのも怪しくなってきて 忘れたころに 一冊でる。。。という感じ。 短編形式だから まあいいけど 律や家族の話が出てくると いや。。。これってどうだったけ? とあわてたりして。。。
今回は5編。 飯嶋蝸牛の姉の家族?という関わりがちょっと出てきたので これからがちょっと楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

使い魔たちが可愛い

2017/12/09 00:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

青嵐がすっかり非協力的になっちゃって、ちょっと寂しいです。
尾白と尾黒が相変わらずオバカで可愛いです。
開さんの不気味さも益々って感じです。
遺品整理の仕事って本当に大変らしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

卒論のテーマ

2017/12/08 23:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回もちょっとコワイのから、結構コワイのまで。面白かった。
律ちゃんも卒論の時期に。テーマ選びに苦慮してますね。
お祖父ちゃんの作品の研究でもすればイイのに。それか、やっぱり開さんとソッチ系の起業するとかね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本的情緒漂う怪異譚

2017/08/31 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

尾白・尾黒に晶ちゃんも登場で、ファンとしてはこれこそ「百鬼夜行抄」という感じ。それに加え、「跡取り息子」に始まる最終三篇がまだ続く連続編のようで、次巻が待ちきれない。
全体としては、開さんを軸として展開している気もするが、律の蝸牛じいちゃんとの回顧を交え、シリーズ本来の“妖し”の気配を堪能できるのが嬉しい。
また、連作編は別として、二話目に収録されている「一夜華」が良い。鏡花的でもあり、或いは「竹取物語」をも思わせる日本的情緒漂う怪異譚として興味深い作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気になっていた あの人の血筋が

2017/08/22 18:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は「跡取り息子」が印象的です。顔見知りを自分らの利益のために生け贄にしてしまえる人たちの存在が恐ろしい。「一夜華」は読後感が良かった。「縁の廊下」からは水脈さんの子孫たちのエピソードに。今後が気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少し飽きてきていたのだが、新展開に

2017/08/30 21:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品はいつも1度読んだだけでは意味がつかめないのだが、今回はいつも以上に??。2度読みが求められるので、気力があるときはいいのだが・・・ちょっとしんどくなってきた。
その展開に少し飽きてきたところだったのだが、惰性で購入。
しかし、なんと26巻にして律の縁戚が登場。祖父蝸牛が縁を斬った親せき筋に律と同じような子どもが・・・。新展開の余韻を残したまま26巻は終わる。
今後も続読しなければならなくなってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/21 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/21 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/01 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/23 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/18 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/10 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/06 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/27 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/28 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

16 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。