サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー40件

みんなの評価4.4

評価内訳

40 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

今回はまるまる一冊でひとつのお話です。

2017/10/11 23:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:仔猫のあくび - この投稿者のレビュー一覧を見る

お話の中心となる神様は誰もが知っているであろう三柱!
天照太御神・月読命・須佐之男命の姉弟です。

良彦が御用を承ったのは月読命なのですが、それを叶えようと
行動する内にとんでもない事実が明らかに…
神々の禁忌の領域に踏み込もうとする良彦を案じる大国主神、
行く末を静観するため距離を置く黄金。
これまで良彦と関わった神々を巻き込みつつ、良彦は悲劇の
真相に辿り着き秘密を暴いてしまうが、それはあまりにも
重く悲しい真実でした。
神々からすればちっぽけな存在である“人の子”の良彦に
出来ることは?

有名な姉と弟に比べ知名度が低い月読命を中心に、竹取物語を
絡めての話の展開は新鮮で面白かったのですが、途中からは
涙なくしては読めませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待通りの面白さでした

2017/09/16 21:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

思えば、黄金様(狐神)の些細な「願い」からスタートした本シリーズも、はや7巻。
 ミッションもスケールアップし、本巻では、ついに三貴神(天照大神、月読命、須佐之男命)が登場。良彦は東奔西走し、神話の裏に隠された驚くべき事実が明らかに。神話をベースとした巧みな筋立てで、難解な神話の世界を再構成。浅葉さんの創作ではありながらも、こんな神話もありかなと納得できるファンタジーでした。
 神社や神様に関心のない方も、本書を読めば、必ず、神様のことを知りたくなるでしょう。本作も期待通りの面白さでした。

 ところで、私が月読命を知ったのは、つい数年前のことです。松尾神社を参拝し、鈴虫寺に行く道すがら、質素な神社があります。月読神社です。これが、天照大神の弟で、須佐之男命の兄である月読命が祀られている神社なのかと絶句しました。本書にも出てきますので、一度訪ねてみるのも良いかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

涙を我慢するのが大変でした。

2017/09/15 18:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:moon - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズ1巻から読んでいますがずっと泣きっぱなしです。毎回涙なしでは読めなくて、もちろん今回も。
いつもよりシリアスなシーンが多く特に今まで以上に悩む良彦にかなり感情移入してしまいました。そして神様である「月読命」「須佐之男命」「天照太御神」の三兄弟の切なさが痛いくらいでした。絆が深ければ深いほど相手を想い合い、そしてすれ違っていた兄弟でしたがあのような終わりかたでホッとしました。さすが浅葉先生です。穂乃香ちゃんも癒しでしたね。8巻も楽しみに待ちたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2018/02/17 12:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夫はオジサン - この投稿者のレビュー一覧を見る

そろそろ完結編にしては!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

姉弟の温かい想いを繋ぐ御用人

2017/11/24 22:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこすき旅人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

神様の悩みを聞いて解決する良彦と甘いもの大好き方位神のモフモフのキツネのペアで御用聞きをする物語の第7弾です。今回は、月読命に関する物語です。神話の中でも語られることの少ない月読命と姉弟である天照大神と須佐之男命のお互いに思い遣り、語られることが無かった秘密を、御用聞きの良彦が人としての想いをぶつけることで、月読命と天照大神、須佐之男命の姉弟としての絆や情を復活させます。読みながら3人の神様の想いに最後は涙を目に浮かべながら読んでいました。
毎回このシリーズの本を読むたびに、日本の神々の人間らしさや人々に対する温かい眼差しをもって見守っていてくれることを思い出させてくれる大好きな物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大国主神いい奴

2017/10/21 13:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

購入して、すぐに読んでしまった。表紙の青い月が綺麗。月読命の御用から始まり、失った荒魂探しがきっかけに、記紀に伝えられることなく葬り去れた三貴神の過去の真実が明かされていく。竹取物語に兄弟愛と家族愛を織り交ぜて進む作者さんのアイデアに上手いって思いました。今回は黄金の代わりに大国主命がいろいろと協力してくれた。大国主命がめちゃ良いやつ。穂乃香ちゃんの兄ちゃんは相変わらずだった。ラストは黄金に関することで終わってしまって続きが気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新約・古事記伝

2017/11/13 17:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とでもタイトルを改めた方がいいのでは、
と思うほど壮大なお話に。

神話の中で、
カミサマたちは意外と海を渡ったりするので、
月読と秦氏を重ねた今回のお話は、
わりとアリだな、とおもったりして。

竹取物語も題材として取り上げられたので、
正真正銘神話の世界の物語でもある浦島太郎も、
この調子で俎上にあげてくれないかなあ、と思ったりもします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/20 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/11 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/10 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/06 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/27 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/06 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/19 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/14 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

40 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。