サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 早川書房
  5. アガサ・クリスティー完全攻略〔決定版〕
  6. アガサ・クリスティー完全攻略〔決定版〕のレビュー

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

この本は絶対手元に置いて下さい

2018/09/26 16:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティーは「ミステリの女王」と称される英国の作家だ。
 生まれたのが1890年、亡くなったのが1976年というから、86歳まで生きたことになる。
 日本の作家でいうと三島由紀夫が亡くなったのが1970年、川端康成が1972年に亡くなっていることを考えると、アガサが亡くなった時には日本でも大きく報じられたはずだが、自分にその記憶がないのが残念だ。
 つまり、その当時ミステリにほとんど興味をもっていなかったということだ。

 もちろん、アガサ・クリスティーの名前は知っていたし、有名な作品『オリエント急行の殺人』とかは映画にもなっていたからいくつかの作品名は知っていた。
 作者の名前と作品名は知っていても読んだことがないのだから、どうもいただけない。
 弁明するわけではないが、そんな人も結構いるのではないか。
 この本の著者霜月蒼さんは「ミステリ評論家」を名乗りながらも、この本を書くまではアガサの作品はわずか7作しか読んだことがなかったというから、本好きといってもその読書経歴はさまざまだ。
  そんな霜月さんがアガサの作品はどんなミステリで、何が面白いかを解明しようと取り組んでくれたおかげで、日本におけるアガサ・クリスティーはうんと身近な存在になったのではないだろうか。

 なにしろ、この本1冊にアガサの作品が100冊網羅されている。
 しかも星印による「オススメ度」付き(★5つが満点)。
 さらにどのような「おはなし」なのか簡単な文章がついているが、「ネタバレ」がないようにも配慮されていて、この本さえあればあなたもアガサ・クリスティーのとりこ間違いなし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い!

2018/09/24 10:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぷりしら - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスティーの作品はもうかなり前に全部読破したが、この本で改めて新しい見方を提示された。
自分は目につく作品から適当にばらばら読んでいたので個々の作品の感想しかないが、この本ではジャンル別に出版順に沿って書かれており、一連の流れの中で作品を評価する視点が良い。
基本的にネタバレはなく、これからクリスティー作品を読もうとする人にとってはいいガイド本、既読の人にとっては面白い評論本。
読むと、クリスティーの大半の作品を再読したくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示