サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

修正:定期購読キャンペーン(0907-30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

挿絵がかわいい

2018/07/27 23:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:iogimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと前に野原滋せんせい「神様は僕を溺愛しすぎる」を読んで
織田絵師さまの描く神様(特に89ページ)に萌えまして
同じ系列の挿絵の佐倉せんせいを購入。

こちらの神様は大狼モフモフでした
挿絵では113ページ・・・お姿を現されてますが
同じページの狸体型の白狐に一番萌えました。

神世界に召喚?するために冒頭で殺されちゃうのは
あまりな気がしますがその後も天女に刺されるとか受難続き
それでも神様の婚活に奔走する人。

神様が二千年以上も感情を持たずにきたとか
限りなく清浄なはずの人なのに出会い早々神様を
「糞野郎」って言うとか入り込めない部分が所々ありました。

そして最後20ページ残すまでラブ進展はナシです
ちょっと双方鈍すぎやしないか?

あと話の当初は
「御使いの白夜」と「神使の白狐」が混乱しました
白夜という名前でないほうがわかりやすいでしょう。

天界や神様たちの描写は美しかったので
細部ではなく大筋のところをもっと練ってほしかった
うん、でもすっきりした線の挿絵はとても可愛いですよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/05/06 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示