サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー89件

みんなの評価3.4

評価内訳

89 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

平均寿命だけ延びても

2021/03/30 03:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:UrusaiTwins - この投稿者のレビュー一覧を見る

平均寿命が世界一の日本で起こっている現実。ただ死ななきゃいいという医療介護。その老人たちを支えるために年金を払わされる若い世代の不公平感もわからないでもないが、その一方で戦後の荒廃の中懸命に働き豊かな日本を建て上げた世代でもあり、その恩恵を受けるのは当然ともいえる。かといって今の若い世代には経済、環境、コロナ、地域情勢まで、将来が見えない彼らなりの不安もあって、そう考えるとバブルの恩恵を受けた私らの世代が一番ダメなのかも。すみません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

モラトリアム青年と悲観老人

2020/01/15 23:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

本人が望まない、過度な延命治療や介護について考えさせられます。如何にして自分らしく最期を迎えるのかという、深い問いかけも良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読みごたえがある

2021/11/03 15:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かのま - この投稿者のレビュー一覧を見る

普通の人は何となく見過ごしてしまったり、深く考えることなく通り過ぎてしまうようなことであっても、この日値は立ち止まってじっくり考えて、完全に消化するまでこだわり続けるのだろうなあと思いました。自分には理解できない点も多々ありましたが、面白い発想だと感心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

少子高齢化の世界

2021/07/31 05:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

老人が多く増えると、今や数少ない若者が国民みんなを支えることになる。ひとりあたりの給料は低いし、日本はどうなっていくのかな。という危惧はもたされたが、ストーリーは淡々としていて、もう少しパンチがある方がよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

リアルな老人描写

2019/07/22 02:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:totocat - この投稿者のレビュー一覧を見る

描写の巧さ 5点
内容 1.5点
総合 3点

個人的に描写がむちゃくちゃ巧いと思いました。というか、描写で読ませる本でした。何も特別なこと書いてないんですけどね、内容ふっつーなのに読ませる推進力の言葉選びは脱帽です。
内容はもう本当に老人に苛立つところとか感情描写が精巧すぎて、リアルで腹立ちました。内容あんまり好きになれない。笑

書き方のテクニックがなければ読了できない題材だったと思うので、受賞も納得ですね。
芥川賞とかって、結局地味なドラマを小説にリアル〜にしてるみたいなのを選びがちやしね。技術重視の賞なんだろうな。

きっと日常描写が上手なんでしょうが、これで内容がよければ大作になるとおもうのでもう少しいろんなジャンルの勉強をしていただいてリアルにハラハラするとかそう言う作品目指していただきたいです。
次の作品に期待!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

芥川賞受賞作

2018/05/23 14:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともと芥川賞に興味がなくて、
この作品が受賞した時にはじめて、
受賞作で読んでみようと思った本だったのだけれど。

中盤までは「少子高齢化社会」というテーマがあれば、
だれでも思いつきそうな葛藤を延々と続けるだけ。

ラストは急にじいちゃんがひとつの理想の姿を見せてくれたり、
若者が若者らしく生き始める姿、のような描写になってまあ、
「こういう作品です」というのはわかる。

もうすこし友人成分を足して、
老若の対比が強まってもいい気がした。
彼女、フェードアウトするし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/09/26 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/10 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/29 07:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/09 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/30 04:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/03 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/19 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/28 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/27 10:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

89 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。