サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

hontoレビュー

電子書籍

ガンジーさん(こどもプレス)

ガンジーさん みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

にんげんはかとりせんこう

2011/12/18 09:03

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 絵本作家長谷川義史さんの作品は意識しながら読むようにしている。
 うまいのかへたなのか、きっとうまいのだろうが、よくわからない絵の力は天衣無縫な子供のありようと似たところがあって常識でははかれないものがある。
 そうなると、おとなの私としても頭をフル回転しないと太刀打ちできないことになる。長谷川さんの絵には生身の子供と接する時のような力が必要なのだ。だから、脳の活性化にはうってつけだ。

 くわえて、多くの作品に使われている関西弁である。
 大阪弁に代表される関西弁のもっている言葉の力は多くの人が認めることだと思う。それは単に吉本興業に代表されるお笑いの世界だけでなく、関西人がもっている生きるエネルギーとまで言っていい。
 あれだけの言葉の力を持ちながら、大阪という都市がいつまでも活性化しないことの方が不思議なくらいだが、逆にいえば、力があるゆえに活性化などということさえ必要としない力があるといえなくもない。

 さて、『ガンジーさん』である。
 タイトルだけみれば、インドの偉人マハトマ・ガンジーのことかと思うのだが、どうも表紙をみてみても偉人ガンジーとはかなり趣向が違う。だとすれば、偉人ガンジーの非暴力主義のことを描いているのかというと、そうでもない。もちろん、長谷川さんのガンジーさんもいつもニコニコわらっているような人だから、非暴力主義であることはあるのだが。
 だが、このガンジーさんはかなり変わっていて「チャーハンをおかずにごはんをたべ」たりする。それに、ガンジーさんが唄う歌もとてもおかしい。何しろ、「にんげんはカトリセンコー」なんていう歌詞なのだから。
 実はこのガンジーさんは最後まで謎のままで、おしいれのなかに住んでいるのだという。
 結局、この絵本は一体なんだということになるが、それでいて長谷川さんが描くと、ガンジーさんのような人が一人くらいはいてもいいんじゃないかと思えてくるから不思議だ。
 どうも気になって何度も読んだが、結局わからないままだ。わかったことといえば、もしかしたら「にんげんはかとりせんこうなんだなぁ」ということくらいである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どちらのガンジーさんなのかな?

2016/07/25 17:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

あの有名な「ガンジーさん」の伝記かと思ったのですが、
読み進めると、どうも様子がおかしい…
チャーハンをおかずにご飯を食べたり、
「にんげんはカトリセンコー」という歌を歌ったり、
挙句の果てに、人の家の押入れにいたりと、
面白いけど「何なんだ?」というモヤモヤした気持ちが残ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

謎の存在ガンジーさん

2017/05/28 19:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもニコニコ、犬猫子供虫にも好かれているガンジーさん。謎の歌も歌います。
そして、ぼくの家の押し入れにいる!
よく考えると怖い存在ガンジーさん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な存在、ガンジーさん

2016/02/22 15:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ガンジーさんごきげんさん ごきげんさんガンジーさん」で始まるこの絵本、ひとすじ縄ではいかない作品だ。
最初はガンジーさんのことを、にこにこ笑顔で人が良く、子どもや動物に好かれる、そんなおじさんを思い浮かべる。
…間違ってはいない。でも、語り手「ぼく」の押し入れにいて、お父さんやお母さんは知らないってどういうこと?うぅむ…。謎の人物だ。
ガンジーさんが歌う「にんげんはカトリセンコー」も、よくわからない。どういう意味?意味深なようで気になるが、奥深過ぎるのか全くわからない。
「ぼく」もわかっていない。なのに、歌を聞いているとなぜかそう思ってしまう、と。意味がわからないことを思い込ませてしまうガンジーさんは本当は恐ろしい人物なのでは…。そう思うと一種の不気味さを秘めている作品でもある。
読み方によって色々と可能性の変わりそうな作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/30 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/25 08:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/26 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/22 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

8 件中 1 件~ 8 件を表示