サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

修正:続刊予約キャンペーン(0907-30)

hontoレビュー

電子書籍

ホームズと推理小説の時代(ちくま学芸文庫)

ホームズと推理小説の時代 みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

なぜミステリは書かれてしまったのか

2018/08/19 22:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

推理小説好きではないのだが、ホームズやルパン、紅はこべといった大衆小説の流行、それに新聞や雑誌などのメディアの発達との関連は分析すると面白いだろうと思う。ポーから始まる探偵小説の系列として、ホームズやその後継者たちが、イギリスで、続いてアメリカで、人気を得ていく過程を総括して語られているのは貴重だ。連載された雑誌や、ドイルとスティーブンスンの関わりは興味深い。ドイルがもう書きたくないのにホームズを書き続けなくてはならなかった事情は、大佛次郎が鞍馬天狗を書き続けたのに引き写しのように重なって、それも東西のメディアの発展に引きずられているわけだ。映像作品の影響や、ゴシックロマンスの系譜などのディテールも、この一冊で完結しないでも、どんどん興味が繋がっていくのが嬉しい。
ポアロその他の後続の名探偵の個性や、トリックの類型は、表層的なところに留まっているが、女性の社会進出、戦争の影響、米東海岸と西海岸の文化の違いなど、様々な背景に目配りが行き届いていて、これらの流行も大衆文化の一断面として捉えられているのはさすが。20世紀初頭といえば第一次世界大戦が世界に深い傷跡を残し、文学はじめ芸術分野にも影響を与えていたことは間違いなく、探偵たちの戦争体験、あるいは従軍経験を概観しているのは貴重だ。また女性登場人物の造形についての分析も、これも著者が女性ゆえということか、ヴィクトリアン朝風の古風なスタイルや、当時流行の社会進出を示していたり、むしろ淡々と抑え気味の分析ではあるが、社会と読者層との関わりを見る上では重要かと思う。
あと探偵小説といえばポーばっかりになるけど、ヴィドックにももう少し深く突っ込んで欲しかったし、ニック・カーターやファントマには全く触れられていないのは、対象が推理小説の枠になってるとはいえ、やや寂しいところ。細かいことさはさておき、シャーロキアン本としての枠をはみ出して、当時の社会、文化と作品それぞれの性格の関係に新しい発見がたくさんあって、推理小説を取り巻く状況を包括的に抑えているとことは、非常に貴重であるし、またこれらの作品が時代を読み解くためのテキストでもあることを示唆している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/28 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示