サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

hontoレビュー

ハイスペックな彼の矜持と恋【特別版】 みんなのレビュー

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

電子書籍

きっと、男性ならではの葛藤

2020/08/21 22:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さなにょろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タチとして生きてきた自分だけど実はネコになりたいのでは、と懊悩する男の姿が良かったです。
だって、抱くか抱かれるかなんて、自分のアイデンティティに関わることですもん。
私は女なので想像するしか出来ませんが、征服欲の強い男性だからこその悩みだと思います。こんな葛藤、なかなか読めません。

良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

「・・・えぐいですね、血管」本文より。

2020/12/28 10:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

タチがネコになる過程と、その瞬間に立ち合える作品です。

ネタバレがあります。

アメリカの本社帰りの凄腕コンサルタント35歳攻め・三隅崇、外資系リサーチ&コンサルティング会社で調査員兼分析官として働く29歳の受け・槙紳一郎。本編は受け視点、短編は攻め視点。番外編は両視点。

これまで年下の綺麗・かわいい系が好みのタチだった槙は30歳を目前に性指向に悩み、思い切って入った店で素性の知らない男・タカシと出会います。男は槙の事情と気持ちを汲み取り、ふたりは一夜を過ごすことに。ただ最後までには至らず、それでも槙にとっては大きなインパクトでした。そしてネコへの自覚をした槙は、職場で思いがけない人と再会し・・・

仕事とプライベートを分けたい人は職場恋愛に、もう二度と会いたくない人に限って再会してしまう法則炸裂(笑)。

個人的にはラブとビジネスの両方を楽しめた作品でした。また攻めがエネルギッシュなエッチをしかけてくるので、エロスも堪能出来ます。湯気が上がりそうって、どんだけなんだ(笑)!

あとがきによると、既にポジションは決まっている「攻め×元攻めの話」です。双方ともハイスペックなキャラで、お仕事用語がバンバン出てきたり独身男性のアーバンライフを垣間見ることが出来ました。

元タチだった受けが脚を開く相手は公私ともに認めた攻めだけ、そんな受けを抱きしめられる攻めだけーーー。そんなハイスペックな男たちの矜持と恋の物語、いかがでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い!

2020/03/14 02:23

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もも - この投稿者のレビュー一覧を見る

攻めとして生きてきた、仕事もでき外見も申し分ない槙が、自分の隠された嗜好に悩み、そんなとき自分以上にスパダリの三隅と出会い…という新鮮な切り口で、おもしろかったです!恋人という関係になるのは随分後半ですが、疲れた三隅を槙が甘やかしてあげるシーンなど、甘~い場面
は盛りだくさんで、ラブも十分堪能できます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

雌雄を決する

2018/10/08 14:00

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にしかわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

男としての矜持が邪魔をして、自分の慾求にすんなり認められずにいる主人公。
相手は、そんな主人公に自分の気持ちを率直にぶつけてくる。それな相手の強気な自信に満ち溢れた言動や行動に、主人公は苛立ちながらも自分の体内から滲み出てくる慾情には克てず、悦楽を享受してしまう。
恋愛対象としての理想の男性像ではなく、男として目指す理想の男性像を具現化した相手に出会い、この雄の眼前では自分は雌になれるといったところか。なかなか、自分の「雄」を手放すわけには行かない面倒な性格の主人公ではあるが、妥協や安易に手心を加えるような不正をしないという厳格な側面から雄が現れている。相手は、主人公の「雄」の部分に完全に惚れていて、雌にさせるために粘り強く何度でも攻略に挑んで行く。
言葉の駆け引きでは互いに負けず嫌いなふたりではあるが、性慾には率直なのは雄の本能そのままで、わりと早めに事に至るのはむしろ清々しい。
なかなか面白かったと思う。
ただ、挿絵の男が二人とも、雄らしさよりはキレイな男なんで、テーマに全く合っていないと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

過不足なく満足

2018/09/04 15:46

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こうべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前別の作品を1つ読んだことがある作家さん。丁寧でおもしろい作品を生み出す素敵な作家さん。この作品は試し読みしてて電子になるのを待ってました。スパダリ同士っていいですね。私もハイスペックな受け大好きです。攻めの傲慢に見えながらも受けに執着にも似た恋情を持ってるところや受けの煩悶がよかったです。もうちょっと読みたいなってとこにおまけのようなSSもよかった。表紙の絵は好き。扉絵は微妙です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

リバというより転向

2021/03/19 11:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nandakanaa - この投稿者のレビュー一覧を見る

30を目前に、好みの相手に食指が動かなくなったハイスペックなマキが、自分以上にスペックの高い相手に巡り合う。でも相手が新しい上司で、避けるに避けられなくなった事で、心の葛藤が起こり、それを自分なりに納得して恋人になるまでのお話し。マキが始終敬語。でも自分のことは俺という。ちょい違和感。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

スパダリ×スパダリ

2021/01/27 11:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

受けも攻めもハイスペックな男たちが恋に仕事にと全力で立ち向かう姿は魅力的だ
お仕事の部分にも臨場感があり、彼らがプライドを持って仕事をしているのが伝わる
仕事のデキる男のカッコよさを感じた
征服欲とプライドの勝負は攻めが元攻めを押さえつけたからと言って決まらないのだ
最後に「尻で抱く」の境地にたどり着いた元攻めが潔い

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

矜持と恋

2020/10/17 06:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

色々あってなかなか手元にこなくて
(手違い等々あり)
ちょっと読みたいなぁが絶対読みたいに変化してしまった作品。

アイデンティティを覆られるって結構つらいよね。
しかも自分で覆そうとするっていうのはすごいなぁ。

とはいえ、さっぱり系な読み心地の作品でしたねぇ
(うだうだしているけど、ぐるぐるもだもだな感じはないし
自己完結あるいは解決してしまったしね)
丁寧に書かれているので、読みやすかったせいもあるでしょうけどね。

二人ともきっちりした仕事をしている男たちで
がっつんがっつんな痛さはなくて
落ち着いて読み終わってしまいました。
ちなみに
「仕事もプライベートの話も出来て、価値観の近さ
そして自分を引き上げてくれる」
パートナーはリアルにとても良いパートナーですので
槙と三隅の出会いはとても良い出会いだったと思うのです。
(そこを真面目に語るかって思われるかもですが
つい・・・語りたくなってしまうのです)

そうそう、校正きちんとしてーっていうのいくつかあったのが
ちょっと残念でしたが。

さらに作品自体には全く関係ない余談ですが
ASAPって「なる早」にルビふってあったですが
まあその通りなんですが…
「なる早」は日本語イメージだと軽い感じですが
現実には「可及的速やかに」ってイメージで
ASAPで指示来たら、すごく緊迫状態になっていた。
(使っていたのは海外帰りのショートスリーパーな上司でした)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ごちそうさまでした

2020/04/13 00:01

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:apple2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

経験とプライド程厄介なものはなく、ある程度の年齢が来てから、自分の持つアイデンティティを覆す事は恐怖なのだろうな……と。
実際、自分自身に誇りがあればある程、矜持が邪魔をするのではないでしょうか。
マキさん自身が「羨ましい」って思っちゃってる時点で、もう覆えっちゃってるんですけどね。
どちらかというとタカシのマウント気質に、若干イラッとしていましたが、バランス取れて相思相愛のようなので、ご馳走様でした。笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

軽い感じで読めます。

2019/12/22 20:53

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nobutomo - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の2人もかっこいいですし、尊敬している同志って、いいなって、すごく羨ましい関係性でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

タイトル通りの話

2018/09/24 12:33

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

王子様系、優しくスマートと評判のタチだったマキは
男に抱かれたいと思うようになり、バーで知り合った攻に抱かれることに。
スパダリ系攻×元攻。
ですが、マキは自分よりハイスペックな男を選んで抱かれようと思っているため
最初から立ち位置が決まっています。
攻同士のマウント争いとは違い、2人の関係性は攻受のそれです。

ゲイとしてのアイデンティティが覆される事態なので
受の葛藤もわかるのですが、ネコを下に見ているような傲慢さが
ちらほら透けて見えて、前半は読むのがしんどいです。
いっそのこと、攻めをガテン系やヤクザまがいの男、ホストくらいの
社会的地位はマキより下だけれど
雄として最上位の男にした方が面白いんじゃないかと思ったりしました。
完全に個人的な趣味ですけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/04 08:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/30 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

13 件中 1 件~ 13 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。