サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

エア新書(学研新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件

電子書籍

エア新書

著者 石黒謙吾

ありえなそうだけど、出版されたら誰もが読むたくなる!ウイットと笑いのエッセンがスたっぷりの、架空の新書の著者とタイトルを100本掲載!発想力と企画力が身につく“笑う脳トレ”で、知識だけの脳を超えた、柔らかなイケテル脳があなたにも!!

エア新書

719 (税込)

エア新書

ポイント :6pt / 紙の本より80おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 41.5MB 無制限
Android EPUB 41.5MB 無制限
Win EPUB 41.5MB 無制限
Mac EPUB 41.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

雨後のタケノコ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔から、新書は雑学のネタ元として重宝してきた。

が、少し前、新書ブームといったものが起きて、猫も杓子も新書を出版、という感じになってしまった。
(幸い今は、それほどでもなくなってきた感じがするが)
タレント本まで、新書のフリをして出てくるのは、個人的には「紛らわしい」としか思わなかったが、ブームの証拠だったと取るべきだったのか。

以前、読んだ新聞記事の中で、新書が息の長い本を目指すより、その時、旬なものを扱うような雑誌化している、というのを目にした事がある。
たしかにその通り。タイトルも目を引くようなタイトルが多くなった。
そいった新書も読んだが、「タイトル負け」している感じがするので、最近は、その手のものは避けるようになってしまった。


ところで、この本のタイトルにもなっている「エア新書」というのは「勝手に新書を作ってしまおう」というもの。
サイトもある。

ルールは、以下のものを揃えること。
「タイトル」
「サブタイトル」(ただし省略可)
「著者名」
「帯の文句」
「見出し」(5本)
ただし、根底にダシにする人(または物)への「愛」がなければならない。
というのも風刺マンガでも、相手を貶めようとする意図があると、読んでも後味が悪いものが多いからだ。

「批判」や「風刺」「皮肉」は、とりあえず置いておいて、笑えるネタを作ってしまおう、ということだ。
本書のサブタイトルに「発想力と企画力が見につく”爆笑脳トレ”」とあるのは「仕事にも役立ちますよ」というフリをしているだけとしか思えない。

著者は「批判」「風刺」などは考えていない、と言っているが、その内容を見ると、やはりどこかに「批判」「風刺」は見え隠れする。
「架空の新書で遊ぶ」という本を新書で出す、ということ自体が風刺になっていると思う。
ただ「笑える」ということが前面に出ているため、オブラートに包まれていて、時には風刺の「味」さえほとんど感じられない。

この本に収録されているエア新書は、100冊。
あまりに多くのエア新書を挙げたので、巻末についている他の新書が紹介されているページには、わざわざ「この新書のラインナップは本物です」という注意書きがあるほど。

読み終わってみると、自分もマネしたくなる。
近年の新書のベストセラーのタイトルと、最近、いろいろなものに「力」がつけられているのを考慮して、こんなものを考えてみた。

「力の品格の壁 ~99.9%は強引な造語~」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する