サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

秋霖(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件

電子書籍

秋霖 完結

著者 著者:西村 寿行

時代は戦国乱世、織田信長らが天下制覇の野望に燃えているころ、かつての西国の覇王・尼子氏は、毛利の謀略のために一族滅亡してしまっていた。しかし、一族でただひとり、孫四郎だけが生き残り、仔犬の悪太郎とともに成長していた。一方、中山鹿之助ら、尼子十勇士を中心とする尼子の残党は捲土重来を期し、孫四郎を擁立して一族再興のときをねらっていた。かくして血で血を洗う抗争の火蓋は切っておとされた…! 巨匠・西村寿行が放つ、波乱万丈の戦国伝奇アクション・ロマン巨編!

秋霖(しゅうりん) (上)

税込 616 5pt

秋霖(しゅうりん) (上)

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.3MB 無制限
Android EPUB 4.3MB 無制限
Win EPUB 4.3MB 無制限
Mac EPUB 4.3MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本秋霖 上

2009/05/19 23:30

滅ぶより逃げちゃえ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

畢竟、滅びの美学と言えば、東は真田十勇士、西は尼子十勇士としたもの。尼子氏は毛利によって一族を滅ぼされながら、幼少の孫四郎だけが人目を忍んで落ちのびる。瀬戸内海の小島に棲む謎の老人に拾われて奔放な若者に成長するが、その存在が山中鹿之介ら尼子残党に伝わって、名家再興の旗頭に据えられることになる。
孫四郎は、うら若い乳母とともに行くあてもままらない逃亡、島を離れて世の中を知るための旅、勝久と名を改めて尼子一党を率いてからの脱走に近いような彷徨と、少年期の多くを旅の中で生きてきて、城を造り領地を守るという武将の生き方にはかけ離れた価値観を身につける。彼の深く関わった村上水軍や、倭冦の生き残り、主君を離れた武士、女忍者集団、そして子供の時から行動をともにする狼のなどに大きく影響を受けたものだが、それらは大きく変動し始めた時代の流れを捉えたものでもあった。武芸を重視し、毛利元就を策略家として軽く見たことが致命的となったような尼子の武士団には到底相容れない、むしろ従来の武家体制を破壊しようとする信長や秀吉などに近いものだった。しかし孫四郎は、己のおもむくままに行動し兵を動かすようなことのできない血筋に縛られて、滅び行く確かな予感の中にいてのがれることができない。
尼子の頭領として滅びてく運命を受け入れるか、まったく新しい人生を切り開くのか。おそらくこの時代には同様の岐点に立った人は多かったのだろう。勝者と敗者の分岐点もそこにあった。奔流のような時代の動きの中で、それを見分けられる目を持つことは困難だし、単なる運によるところも大きかったかもしれない。孫四郎も実のところ細かい理屈を考えているのではなく、自分にとって窮屈な体制から生理的な反応として逃げ出そうとしているに過ぎないが、うん、つまり逃げちゃえばいいんだよな。むしろどう足掻いても滅ぶしかない道筋なら、とにかく思いのままに逃げ出すというだけでも正解な場合だってあるのだ。そういうぎりぎりの選択の場面が、この戦国時代に次々と滅ぶ者達や、入れ替わる強者達が行き過ぎる中で、明滅しては飛び去っていく。何もかもひとときの幻だとでもいうように。
その一方であくまで剛直を貫いた、裏の主役とも言うべき山中鹿之介達の生き様も見事、水軍達の立ち回りの素早さも、狼の悪太郎の幻惑的な動きの活躍も、みな激しく己を貫いている。その中を孫四郎は逃げる。逃げ切れるかどうかは知ったことではない。それでいいんじゃなのと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。