サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

或る女(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件

電子書籍

或る女

著者 有島武郎

近代日本文学中大正期の最高傑作。国木田独歩の恋人をモデルとしている点が問題になった。恋愛、家族制度、女の経済的独立等の問題をめぐって、封建的なものの強く残存している社会に自我の解放を求める女性の悲劇的な運命を描き、重厚なリアリズムの力がみなぎっている。大正期近代日本文学の最高傑作。

或る女

税込 726 6pt

或る女

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.1MB 無制限
Android EPUB 5.1MB 無制限
Win EPUB 5.1MB 無制限
Mac EPUB 5.1MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本或る女 改版

2001/02/15 23:26

有島武郎の「実験小説」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 小説は言語によって書かれた作品、すなわち仮構である。有島武郎は、小説の仮構性を思想性としてとらえた。それは、出来合いの思想を小説によって表現したという意味ではない。また、小説を書くことを通じて新しい思想を生み出したという意味でもない。そうではなくて、思想が生まれる現場を小説の中に実験的に仮構することで、いわば思想の不可能性を表現しようとしたのである。

 このような意味で、有島の小説は実験小説であり思想小説である。彼の文学がリアリズム文学であるといえるのは、その叙述の技法や素材の選択といった様式のゆえではなく、自然や身体や社会あるいは他者との関係性のうちに、思想の生成と挫折──思想の「生まれ出づる悩み」──の現場をリアルに描写しようとした仮構性のゆえなのである。

 たとえば、『或る女』を前近代的な社会の中で自我の解放を求めた女性、早月葉子の悲劇的な挫折の物語として読むのは間違っている。少なくとも、そのような見方は皮相である。

 葉子は、決して女性や自我の解放という思想を生きたわけではない。かといって、「生の喜び」を男の肉体に求めずにはいられない「女」として生きたわけでもない。『或る女』の文体を際立たせる特異な身体表現によって仮構されるのは、肉の喜びや性的一体化による愛の実体的基盤としての身体などではなく、外部とのかかわりをおいては実現しえない欲望そのもの、「生きていたい要求」そのものが、「タクト」をもって外部との関係性を取り結ぶ場としての身体なのである。「妖力ある女郎蜘蛛」が四つ手に張った網とは、生の欲望の表象やその構造ではない。それは、欲望そのものが外部に対して仕掛けたわななのだ。

 思想とは、このようなわなを仕掛けたりわなに近づくことの中から生まれるものなのであって、逆ではない。「生きていたい要求」、すなわち有島のいう本能としての愛が、自然や身体や社会あるいは他者といった外部とのかかわりにおいて「惜しみなく奪う」ことを通じて、いいかえると外部との関係の不可能性の経験を通じて、思想は生まれる。

 このことを見誤ると、葉子の「挫折」を思想の挫折と取り違え、女性の身体性や経済的自立をめぐる論議、あるいは自我の心理的次元において霊肉二元の克服を云々する不毛な言説が、『或る女』の読解を通じて生み出されることになってしまうのである。

《しかし葉子はとうとう今朝の出来事に打っ突かってしまった。葉子は恐ろしい崖のきわからめちゃくちゃに飛び込んでしまった。葉子の眼の前で今まで住んでいた世界はがらっと変わってしまった。木村がどうした。米国がどうした。養って行かなければならない妹や定子がどうした。今まで葉子を襲い続けていた不安はどうした。人に犯されまいと身構えていたその自尊心はどうした。そんなものは木葉微塵になくなってしまっていた。倉地を得たらばどんなことでもする。どんな屈辱でも蜜と思おう。倉地を自分ひとりに得さえすれば…。今まで知らなかった、捕虜の受くる蜜より甘い屈辱!》

 ここで、葉子の「屈辱」を心理的次元においてとらえるべきでないことは、いうまでもないだろう。身心の錯綜をめぐる自意識の葛藤のドラマとして『或る女』を読むことは、ミスリーディンクなのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。