サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

かげろう日記(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件

電子書籍

かげろう日記

著者 吉村達也

人は、いったい何のために日記を書くのだろうか? 大学時代の恋人・内藤茜を捨てた町田輝樹のもとに、差出人不明のノートが返送されてきた。表紙には茜の筆跡で『かげろう日記』。だが茜は、輝樹にふられた十ヵ月後に、不幸な事件で死んでいる。日記は生前の彼女が、やがてくる悲劇的運命も知らず、忘れられぬ輝樹への思いを綿々と書き綴ったものだった。それを読みはじめた輝樹は、日記が死の日に近づくにつれ、茜の存在を体感する恐怖に襲われていく。

かげろう日記

税込 550 5pt

かげろう日記

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.5MB 無制限
Android EPUB 4.5MB 無制限
Win EPUB 4.5MB 無制限
Mac EPUB 4.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本かげろう日記

2010/03/01 20:00

日記に宿った執念と情念と怨念。かげろう日記の秘密に迫るミステリーホラー

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

<あらすじ>
他殺体が発見された。錆びたギターの弦で首を絞められた跡。6本の弦を使って六回も。
* * *
吉井満智子の元に『かげろう日記』が送られてきた。電話で恐ろしい日記だと告げて睡眠薬自殺した若者から。
* * *
町田輝樹に送り主のない大学ノートが郵送されてきた。
表紙には見覚えのある字で『かげろう日記』、題名に下に『茜』と記されてある。十ヶ月前に殺された元彼女からだった。
彼女が殺されて、およそ半年経った日に届き、自分と別れて四ヶ月後から書き始められていた『かげろう日記』。
朝、日記をポストに見つけたこの日は、彼女の誕生日だった。

<感想>
ホラーとミステリーが融合したミステリーホラー作品。
ホラーとしての怖さは物足りないものの、不可解な現象を謎解くミステリーに、引き込まれる。
推理小説によくある殺人事件の変わりに怪奇現象が据えられた印象である。

物語は、主人公町田輝樹が、殺された元彼女茜が綴ったかげろう日記を、読み進めていく形式で描かれている。
日記のページをめくるたびにあらわになる、輝樹を忘れられない茜の悲痛な叫び。
徐々に常軌を逸し、執念と情念と怨念の宿った日記は、茜の死んだ日が近づくにつれ、読み進めていく輝樹の精神を磨り減らしていく。

茜の死んだ日の日記が非常に気になるが、死んだ日の日記が登場するのはまだ中盤。
日記の先は想像がつかないことはないものの、謎が多く残る状況に目が離せない。
プロローグで提示された、他殺体発見の真相とかげろう日記のページをめくる吉井美智子のその後、また日記の真相も明らかになっていない状態は、中盤に到ってもミステリーに満ちている。
中盤までは、これから明かになっていく驚愕の真相への助走だろう。

ところで本作品で重要なのが、町田輝樹の同僚で、冷静な論理的思考の持ち主宮本卓郎の存在。
怪奇現象という通常ありえない状況に、読者は物語の世界に入り込みづらい。
しかし、読者と同じ客観的な視点と思考を持った卓郎を登場させることによって、現実的な世界を創り出し、読者を物語の世界に引き込む。

さきに怖さは足りないと書いたが、本編最後に書かれた一行は、実際に身の上に起こったと想像すると、恐怖以外何ものでもないだろう。
一気読みできるほどのストーリー展開と構成が魅力の作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本かげろう日記

2003/03/13 13:29

日記形式がおもしろい!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めぐちゃま - この投稿者のレビュー一覧を見る

日記形式なのは斬新だと思った。だけど、途中で読んでるほうが推理できてしまうのが、もったいないなぁ…と思います。読みやすいですけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。