サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

堕天使達のレクイエム(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件

電子書籍

堕天使達のレクイエム

著者 尾崎 豊

二人は抱きしめ合って一つになり、地上に舞い降りた片翼の天使だ――。不毛な愛欲に身を焦がす恋人達の孤独な姿に、失うことの悲しみと再生への祈りを込めた、尾崎豊、最後の小説。

50%OFF

【期間限定価格】堕天使達のレクイエム

10/17まで通常462

税込 231 2pt

【期間限定価格】堕天使達のレクイエム

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.4MB 無制限
Android EPUB 5.4MB 無制限
Win EPUB 5.4MB 無制限
Mac EPUB 5.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本堕天使達のレクイエム

2004/03/25 22:55

BLUE(ATributetoYutakaOzaki)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『尾崎豊 夢のかたち』(文春文庫PLUS)の著者・柴田曜子さんは書いている。

>

                ***

須藤晃さんがプロデュースした尾崎豊のトリビュート・アルバム<Blue>を聴きながら書いている。

<全てのものが置き換えられた幻想の中で>(Love Way)というフレーズに、ついさっきまで読んでいたボードリヤールの『パワー・インフェルノ』という、9.11について書かれた文章を響かせながら、大森洋平さんという名前すら聞いたことのなかったアーティストの歌を聴いた。

宇多田ヒカル(さん)が17歳のときに歌ったI Love Youの、切なげに強く揺らいでいる声に、体の奥の奥を抜けて宇宙的な広がりのなかで響き合う「ふたりの」歌が聴こえてくるようで、震えと鳥肌と涙の匂いが、僕の体のなかで出口を求めていた。

175R(ひゃくななじゅうごあーるではなく、いなごらいだーと読むということぐらいは、僕も知っている。……たしか、そうだったよね、ちがったかな、もしかして? ときどきとんでもない間違いをしてしまうから、僕は…)の歌うSeventeen’s Mapは、僕がふつうの会社に就職して、その歓迎会で歌って良識派(?)の上司やらセンパイのひんしゅくを買ったような記憶のある曲だ。

<何ひとつ語れずに うずくまる人々の 命が今日もまたひとつ 街に奪われた 憎しみの中の愛に 育まれながら 目覚めると やがて人は大人と呼ばれる 微笑みも 戸惑いも意味を失くしてゆく 心の中の言葉など 光りさえ奪われる ただ一人 握りしめた引き金を引く 明日へと 全てを撃ち抜く ただ一人 答えを撃ち抜く>(Exist In The Dark 闇の告白)

『自殺へ向かう世界』という、やはり9.11について書かれた本のなかで、ポール・ヴィリリオは書いている。

「テクノサイエンスの発展は、それが多くを負っているイリュージョニズムと同じく、>に奉仕する>となった。それは外観の操作、ペテンの連なりであり、まったく馬鹿げたものばかりで成り立っていることさえある」

Crouching BoysのThe Night(15の夜)。

I---with my eyes burning much more strongly than Robert De Niro's
“The Taxi Driver”, my heart not more restless than a soldier boy
facing death on battle-line---started the engine of the bike I stole.

最大限のRespectが詰まった(尾崎の)音楽たちを聴きながら、彼の残した言葉に耳を澄ませて、目を凝らして、全身で感じることは、ひとときの至福である。つかの間、「孤独」すら、どこかに置き忘れたような気分のなかで。

(で、追伸。Coccoさんの歌うDance Hallは、すごくいい。既に、名前と顔が一致しない人ではあるけれど、ミスチルの桜井さんと同い年の僕にとっては。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。