サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

死体は知っている(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件

電子書籍

死体は知っている

著者 上野正彦

ゲーテの臨終の言葉を法医学的に検証し、死因追求のためとはいえ葬式を途中で止め、乾いた田んぼでの溺死事件に頭を悩ませ、バラバラ殺人やめった刺し殺人の加害者心理に迫る……。監察医経験三十年、検死した変死体が二万という著者が、声なき死者の声を聞き取り、その人の人権を護り続けた貴重な記録。

死体は知っている

税込 462 4pt

死体は知っている

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.5MB 無制限
Android EPUB 5.5MB 無制限
Win EPUB 5.5MB 無制限
Mac EPUB 5.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本死体は知っている

2003/08/08 10:50

雄弁な死体

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kay - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本では3つのことに心惹かれる。一つ目は実際的な死体についての知識。溺死体では左右の心室で血液の濃度が違うなんて、言われなければなかなか気付かないことだ。大体普通の人間が死体に詳しいだなんていかにも怪しい。しかしそこにそういう知識があるなら知りたいと思うのが人間なのだ。「へーっ」と驚いたり「ふんふん」と納得しながら読み進める。
 二つ目は、死人を取り巻く人間のドラマだ。この本はただ専門的な知識の羅列で終わるのではなく、著者が実際に扱った事件や、それに基づいた短編も収められている。死体の検死に始まって徐々に情報をたどり、行き着く先にあるのは思いもかけなかった事実。上質のミステリーのようで、これが実際にあったと思うと薄皮一枚剥がれたリアルさがある。
 三つ目は、法医学者として長年仕事をしてきた筆者の社会観、人生観だ。死体の聞こえざる声を聞き、本当の死因を突き止める為に死体を解剖するなどという仕事、強い使命感がなければ出来るものではない。もし他殺死体を自殺死体と言ってしまえば、その人を殺した犯人は永遠に捜査され罪に問われることはない。あの世があるなら、その死んだ人はあの世でどんなにか悔しいだろう。死者の人権を守ることは、その死者の生きた生を尊ぶことなのだ。筆者の言葉には長く真実を追究してきた者の強さと真っ直ぐさがある。
 余談だが、この本で得た知識を利用して巧いこと殺人を働こうとしても上手くいく可能性はかなり低い。まず、この本に書かれていることが法医学の全てではない。本文の中で死体にどれだけのおもりを付ければ沈んだままでいるのか「私は知っているが教えない」そうだ。また、この本は94年に書かれたものであり、それから法医学は長足の進歩を遂げている。死体の口を塞いでおくのは、もはやとても難しいことなのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本死体は知っている

2001/08/13 01:39

とっても面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:奈々 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 看護婦してると何人もの人の死にあたる。死体というものが、日常茶飯事になっていて、死体を考える余裕がなかった。この本は、死体も一つの人と考えて大事に世話? しています。
 そして、暗い真面目な本ではなく、とても面白くスラスラ読めた本です。こういう人が先生だと、授業も楽しかっただろうなぁと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。