サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1112-15)

【OP】【20%OFF】2018独自コミックランキング商品で何度でも使えるクーポン(~11/19)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 合意情死(がふいしんぢゆう)
合意情死(がふいしんぢゆう)(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件

電子書籍

合意情死(がふいしんぢゆう)

著者 岩井志麻子

あなたの周りにもきっといる――。小学校教員、新聞記者、地方小劇団の座長、看守。偏狭な社会でちっぽけな権力をふりまわす木っ端役人、目立たないくせにどこか鬱陶しい地味女、誠実に見えて肝心なところで無神経な好青年……。思惑と欲望がうずまく小市民たちの葛藤を、ユーモアと恐怖のなかに浮き彫りにした、名手による傑作短篇集。「華美粉飾」「合意情死」「自動幻画」「巡行線路」「有情答語」を収録。

合意情死(がふいしんぢゆう)

454 (税込)

合意情死(がふいしんぢゆう)

ポイント :4pt / 紙の本より19おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.2MB 無制限
Android EPUB 4.2MB 無制限
Win EPUB 4.2MB 無制限
Mac EPUB 4.2MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本合意情死

2006/01/13 21:43

それにしてもですね、こういう馬鹿、というか腐ったような男ばかりになっちゃったんですねえ、この世の中。でも、そんな男は戦前にもたくさんいたんですね・・・

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「岡山を舞台に、自分の心の内を見ることの出来ない男たちが引き起こす事件の数々」情痴小説集。こう書くと、いかにも古臭い小説の印象ですが、それは決して間違ってはいないでしょう。5編の小説から浮かび上がってくるのは、昔も今も変わることのない泥臭い男と女の物語です。
岡山の新聞社に勤める大橋秀三、彼が追いかける心中事件の意外な行方「はでつくり 華美粉飾」、岡山第一尋常小学校の教員久吉の真面目な悪意が生む悲劇「がふいしんぢゅう 合意情死」、岡山で劇団を主宰する五十嵐正純、劇団内部の女優の対立とそれを捌く正純の心「シネマトグラフ 自動幻画」。
岡山市内を外れた街道沿いの交番に配属された青木巡査、彼のみまわり区域に過ごす一人の美女と、夫の心を知った妻の怒り「みまはり 巡航線路」、岡山県の孤児院に勤める良雄、子供から慕われる男の心の内「いろよきへんじ 有情答語」。
得意の岡山ものですが、今回共通するのは男たちの心の動きです。真実から目をそらし、悲劇を引き起こすことを知りながら、いかにも正義でございますと、下心を隠しながら御中進に及ぶ心の嫌らしさ、寒々しさ。それに比べて、現実を、男の心を見透かす女たちの逞しさ、いや本当の誠実さ。これが見事なばかりに描かれています。これをさらりと読める男がいるとしたら、それこそ救われないでしょう。
しかし、考えればこういった男が如何に多いことでしょう。戦争中、平気で隣人を憲兵に売った町の男。人妻に懸想して、その家族を苛める町長。愛国のことばを振りかざし、小ざかしげな子供をいたぶる教員、そういった男たちの姿は井上ひさしの小説などに詳しいものですが、そういった権力への擦り寄りは、やはり女性ではなく男性でしょう。
そういう、男の持つ心根の卑しさを、これでもかと描いた小説集とでもいったらいいのでしょうか。しかし、この手の主人公はたくさんいます。たとえば佐藤正午『ジャンプ』、東野圭吾『トキオ』、真保裕一『真実の人』。いや、最近の日本の小説は、殆どがこういった男たちの動きで占められているといっていいでしょう。特に男性作家が描く男達の姿の、甘さを通り越した愚かさ。
犯罪を起こすのも、無職の男。復縁を迫り、人を殺すのも、無職の男。事故を隠蔽するのも、一流とよばれる会社の男。それをあざ笑うかのように振舞う、あのアニータのような女性たち。もとより、世には男と女しかいないけれど、男の価値の下落の度合いのなんと大きなことでしょう。バブルはとっくに崩壊したのですが、今起きているのは男性の崩壊かもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本合意情死

2006/08/07 18:48

岩井さんのもうホームフィールド!?戦前の岡山を舞台にした連作集

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ココリコの番組で、カメラが切り替わっても
常にカメラ目線のちょっと変わった人としてブレイクしてしまった
岩井志摩子さんの連作短編集です。
 小説のほうは、著者の人柄ほど変ではありません。
 もう既に、著者のホームフィールドと化した
戦前の岡山を舞台にした連作短編集です。
岡山県在住の方は、岡山の地方トリヴィアで。色々楽しめるのだろうなぁ、と
想像してしまいます。
短編の全ての題が、著者が勝手に作った、4文字熟語になっています。
 展開としては、気の小さな想像力のたくましい主人公が
自由奔放に生きる、人々に振り回されたり
悩んだりする様が、人どうしの性格不一致の不和なんかをもとに
丁寧に描いてあります。
こう書くと、不協和音の連続のような感じをもたれるかもしれませんが、
そんなことなくて、小説として、成立しています。
 併し、読んでて思ったのは、
人どうしって、本当に上手く理解し合えるってことが、
難しいんだなぁと、いうこと。
「太陽がいっぱい」のパトリシア・ハイスミス
(最近、短編集がハードカヴァーで出ましたね)も、
人どうしは、決して理解しあうことがない、と、いうテーマの下
よく作品を書いていましたが、正にそんな感じでした。
 又、日常の中でじわーっと感じられるエロティックなものを
作品の中に取り入れるのも、上手いですね、
 人の性行為が人の存在そのものが出す他人にとって嫌な部分
として描かれています。
収録作品「はでつくり」「がふいしんぢゆう」「シネマトグラフ」
「みまはり」「いろよきへんじ」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する