サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

夏の滴(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件

電子書籍

夏の滴

著者 桐生祐狩

僕は藤山真介。徳田と河合、そして転校していった友達は、本が好きという共通項で集まった仲だったのだ――。町おこしイベントの失敗がもとで転校を余儀なくされる同級生、横行するいじめ、クラス中が熱狂しだした「植物占い」、友人の行方不明……。混沌とする事態のなか、夏休みの親子キャンプで真介たちが目の当たりにした驚愕の事実とは!? 子どもたちの瑞々しい描写と抜群のストーリーテリングで全選考委員をうならせた第八回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。

夏の滴

799 (税込)

夏の滴

ポイント :7pt / 紙の本より3おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 11.6MB 無制限
Android EPUB 11.6MB 無制限
Win EPUB 11.6MB 無制限
Mac EPUB 11.6MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本夏の滴

2004/09/15 20:33

なぜこの話に「夏」のタイトルが付いたのだろう、正直いってよく解らない。展開は、ちょっと恩田陸風、でもそれは地方の学校が舞台かもしれない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

《中学二年生の藤山真介は、町から消えた友人のヨハネを探し仲間と三人、東京へ向かう。教室で占いをする八重垣の予言に怯えながら》

なぜ夏なんだろうなあ、と思ってしまう。怪談だから夏? そんな安直な発想じゃあないはずだ。でも夏とタイトルに謳った以上は、責任とってもらおうじゃないの。セキニンを。

舞台はN県の県庁所在地に近い町、名前はない。町の財政は、自ら主催した伝統工芸博覧会が失敗し、危機に瀕している。主人公 藤山真介の友人で家族と失踪した桃山ヨハネも、父親が博覧会に絡んで負債を抱えていたと言われている。何も言わずに姿を消したヨハネのことが気になる真介は、中学二年生生になったことを契機に、車椅子生活を送る友人の徳田と一緒に、失踪したヨハネが住むらしい東京に行こうとするけれど。

真介と幼馴染の河合みゆらが、体の不自由な徳田芳照たちとともに送る模範的な学園生活。地元のテレビ局NBNは毎年のように、彼らの姿を取材に訪れる。今年から新しく取材の担当となった江上理沙子は、撮影をし始めて早々、教室で占いをする八重垣潤の存在に気付く。クラスの嫌われ者でいながら、いつも話題の中心にいる潤。伝統工芸博で手に入れたという本を片手に行われる植物占いで、潤が見た真介の空白の未来が意味するものは何か。

生徒たちの行動に苛立つ担任の梅本。理沙子が見た少年たちの真の姿。ヨハネは本当に失踪したのか。真介の前に姿を見せる謎の男、等々力貴政とは。財政の破綻にもかかわらず、町を覆う不思議な明るさの背後にあるものは。これらの謎が微妙に絡み合い、話は思わぬ展開を見せる。特にラストは、独創性こそないけれど面白い。

第八回日本ホラー小説長編賞受賞作。作者は1961年生まれ、文章に癖がないので安心して読むことができる。でも、なぜ夏? 季節を限定するようなタイトルや装丁に、最後まで納得できなかった。もっと言わせてもらえば、内容にふさわしい文体を持てば、もっとよくなったのにと思う。意味を伝えるだけの文章では、やっぱりホラーの感じが出ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する