サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

夜市(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 17件

電子書籍

夜市

著者 恒川光太郎

妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものが何でも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。そして今夜、弟を買い戻すため、裕司は再び夜市を訪れた――。奇跡的な美しさに満ちた感動のエンディング! 魂を揺さぶる、日本ホラー小説大賞受賞作。

夜市

540 (税込)

夜市

ポイント :5pt

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.2MB 無制限
Android EPUB 4.2MB 無制限
Win EPUB 4.2MB 無制限
Mac EPUB 4.2MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年9月14日(金)~2018年9月27日(木)23:59


あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

掲載中の特集

ホラー小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (13件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本夜市

2010/01/03 18:44

人外の世界の理に触れる本

11人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今宵は夜市が開かれる。そんな惹句に誘われて、夜の闇広がる森の中、
一歩足を踏み入れたなら、そこは、人外の者共蠢く、もう1つの世界だった。

欲しい物が何だって手に入る、代わりに何かを買うまでは絶対に元の世界には帰れない。
それが夜市のルール。幼い頃、偶然にも夜市に紛れ込んでしまった祐司が、

大学生となった現在必死になって買おうと探している物とは一体何なのか?
それに、幼かった彼は、どのようにして、買い物を成立させ夜市から元の世界へと帰還出来たのか?

この美しくも儚い物語には、欲望が生み出す残酷な悲劇と、それ故に欲望や煩悩を統制し、
自分自身の力で希望の道を選択、獲得していく事がどれほど尊い事なのかが教えとして説かれている。

ホラーと言うよりは、むしろ説話や怪談話としての色合いが強く印象として残った。
特にラストは全く予想外の展開で、それだけに切ない程に透き通っており、胸に物語の余韻が残った。

眼前に闇の中仄かに夜市が浮かび上がって来る情景描写力にも、唸らせられた。
人間界とは別の理で、確かに存在している異世界を描いている併録作品、【風の古道】も良かった。

七歳の春、花見に行った公園で、迷子になってしまった私は、親切そうなおばさんから、
家までの帰り道を教わる。「夜になったらお化けが出る道だし、寄り道しないで行くんだよ。」

と告げられたその道は、未舗装の田舎道で、一風変わっていた。道の両脇に家が並んでいるのだが、
どの家々も一軒残らず、この未舗装道に玄関を向けていないのだ。それどころか、

電信柱も、郵便ポストもないし、駐車場もなかったのだ。この時味わった秘密体験は、
自分だけの秘密として守らなくてはならない、もしも守らなければ多分…?本能的な直感として、

「道」について他人に口外するときっと、良くない事が起こるだろう。
そんな理由で記憶の外に置いていたタブー、けれども十二歳の夏休みに親友と心霊話になり、

うっかり口を滑らせてしまう。当然、友達は、「そんな道が本当にあるなら連れて行けよ!」そそのかす。
こうして私と友人のカズキは、私が最初に件の道から抜け出た所に行き、

反対側の出口から引き返そうと計画するのだが…。歩いても歩いても、それらしい場所には着けない。
弱り果てていた二人の前に、謎の青年レンが現れる。異世界には異世界の理が有り、

嘗て存在した入口は既に閉鎖された後との事だ。更に困り果てる二人は、一か八か、
この放浪を続ける青年と異界を旅することに決める。その過程で次第、

次第に明らかになっていくレンの事情。どうしてお化けでなく、妖怪でもない、
生身の人間であるレンは異界から外の人間界に出て行けないのか?

永久放浪者として彷徨い続ける運命にあるのは何故なのか?
理由の一つずつが、とてもしっかり描かれていて、この世と別に存在する世界のルールに

美しい説得力を持たせるのに成功している。特にラストへと至る展開が、
両作品ともに素晴らしく美しいので、是非、どっぷり物語世界に浸かって下さいませ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜市

2009/09/20 00:24

そんな世界など存在しないのに、真っ暗な闇の中にポツポツと灯りが見え、露天が見え、怖いのだけれど何かワクワクして、不思議で、そんな夜市が目の前に迫ってきました。

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どーなつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本ホラー小説大賞受賞作の過去のライナップを見てみると、意識してなかったけれど、長編賞とか佳作とか短編賞とかそういったものも含めて、わりと読んでいました。
第1回受賞の坂東眞砂子の「蟲」も第2回の瀬名の「パラサイト・イヴ」もその後の作品もだいたいは読んできています。
だからなのか、第12回大賞受賞の今作「夜市」はなんとなく今までとちょっと違った雰囲気だな、って気がします。
もちろんホラーなのですが、どう言えばいいのか、ぞぞぞぞ、とくるホラーではなくて、静かな流れの中で淡々と語られ、どこか切なくなるような、ホロリとくるような、なんともいえない読後感でした。
そういう意味での類似作だと、第8回短編賞受賞の吉永達彦氏の「古川」に通ずるところがあるかもしれません。
何にせよ今までの受賞作品の中で(読んだ中で)一番好きな作品です。

本の書評(ハードカバー版)でも、選考委員である林真理子氏、高橋克彦氏、荒俣宏氏が太鼓判を押す作品でもあります。
特に表題作の夜市。学校蝙蝠が開催を告げる何とも不思議な市場で、裕司は過去に売ってしまった弟を買い戻そうと友人のいずみと夜市に足を踏み入れのですが、そこで予想もしない世界とラストが待っていました。
そんな世界など存在しないのに、真っ暗な闇の中にポツポツと灯りが見え、露天が見え、怖いのだけれど何かワクワクして、不思議で、そんな夜市が目の前に迫ってきました。
書評でも荒俣氏が絵が浮かんでくる、と言っておられますが、そのとおりの作品です。
読んでいるうちに、知らずに映像が浮かんでくる描写の巧みさは素晴らしいの一言。
同時収録の「風の古道」もまた「夜市」にひけをとらない作品です。かなりクオリティーの高い受賞作であると感じています。
この作者のこれから出していく作品には当然これ以上の傑作を期待してしまうのですが、どうかその期待が間違いでなかったと確信できるような作品を発表し続けてほしいと思います^^

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜市

2011/04/13 18:50

ファンタジー、そして文学

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホラーではなくファンタジー。しかも、文学。

読んでみて、まず思った。


B級ホラー小説にあるようなスプラッタな描写はもちろんなく、稚拙な擬態語の連続で興を削ぐこともない。

静かで情緒溢れる文体からは、『夜市』のダークな情景がまざまざと浮かび上がる。妖怪たちが様々な品物を売り、数々の世界が交差する夜市。


そう、ダーク。


禍々しくも恐ろしくもなく、著者の描き出す世界は、ひたすらダークだ。


そして、この短い話の中に、裕司と弟の人生が描かれている。


同時収録されている『風の古道』も、秀逸。異界の道に迷い込んだ少年が辿る道行きだが、最後の一説がことに印象的だ。


道は交差し、分岐し続ける。

一つを選べば他の風景を見ることは叶わない。

私は永遠の迷子のごとく独り歩いている。

私だけではない。誰もが際限のない迷路のただなかにいるのだ。


恒川光太郎が描いているのは、人生だ。


読後、この人の作品をもっと読みたい、近頃珍しく、そう思った

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜市

2009/02/15 14:04

現代を映す鏡としての夜市

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菜摘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

恒川光太郎のデビュー作。民俗学的色合いがどちらの作品も非常に濃く、氏は民俗学専攻か非常に造詣が深いと思われます。

■ 夜市
そぎ落とした文章で一切のムダがない。それが主人公 祐司の心情を一層孤独に際立たせている。

祐司の同級生いずみが、祐司に夜市に連れて来られた理由を知り愕然とするシーンも見事であるし、『踏み入れたら最後、何かの取引をしなくては決して抜け出せない』 という夜市の設定も見事。

今、世の中には様々な複雑な事情を抱えた人が多く生活している。引きこもり、ホームレスなど、その中には自ら進んでその生活を選んだ人もいれば記憶を失ったり更に複雑な事情を抱えた人もいると思う。そうした人々に焦点を当てて書いた作品として本作を捉えることもできる、夜市は現代を映す鏡のような存在だとも言えるだろう。

でもこの作品は、昔もそしてこれからも変わらない夜市の存在とその意義を、十分に堪能したい作品である。ホラー大賞の選評では一様に展開の巧みさを褒めているが、それよりも私は 『夜市』 の存在そのものの考え方が素晴らしいと思う。

■ 風の古道
こちらも同じく古道の設定が確立している。古道に属するモノは決して外の世界に持ち出すことができない、という大原則。そして魑魅魍魎だけが行き交う古道に、なぜか自由に出入りすることができる外の世界の住民である人間がいる。彼らの多くは人格異常者で自分の殺人の記録を名誉として持ち歩いている危険な男が出てくる。

現代にはびこる、心に闇の部分を多く持つ人間をこうした古道に出入りする人間として描いたことで、理解しがたい人の心の闇に迫ろうとしたのではないだろうか。

主人公はふとしたことから古道へまぎれこむ。彼の旅路を手伝ってくれるのは古道で生まれ育ったという青年。彼自身の存在が古道の中にも人情があることを教えてくれる。

食うか食われるかの世界にも人情はあるのだ。そしてどんなに願っても叶えられないこともあるのだ。だからこそ古道の外で人は、一生懸命生きるのだろう。

この一冊ですっかり恒川作品のとりこです。ヤングアダルト世代にもオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜市

2016/01/17 23:56

読まずにいたことを後悔

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジャンボ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第12回(2005年)ホラー小説大賞受賞作。
恒川光太郎さんの名前と作品名は知っていましたが、ホラー小説が苦手なので今まで手を出さずにいました。

実際に読んでみると、ホラーではなくファンタジー。
しかも、ライトノベル様の安っぽいものではなく、文学性の高い上質なファンタジーでした。
レイ・ブラッドベリの『何かが道をやってくる』を思い出しましたね。

同時収録されている「風の古道」も秀逸。
現実世界とほんの少しずれた所にある「異界」に迷い込んだ少年たちの物語ですが、そのラストは哀しく寂寞としているのに、どこかおぼろげな光を感じるものでした。

これまで読まずにいたことを激しく後悔。
しばらくは恒川作品にどっぷりとハマりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜市

2012/01/31 19:29

流れるように恐怖の心を描く

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今宵は夜市が開かれる。
夕闇の迫る空にそう告げたのは、学校蝙蝠だった。

この魅惑的な文章で始まる『夜市』
この中篇は第12回日本ホラー大賞を受賞しました。
ホラーと言っても、この物語は「異界への道」、スプラッタと混同しないで欲しいのは
この物語でこわいのは、「帰れないかもしれない」ということです。
帰れない、ということは、もともと居場所があるのを前提に帰れないことに恐怖を覚える。
大学生のいずみが、高校の同級生だった祐司に誘われて夜市に行く。
岬の森の中に、なんでも売っているという店が並ぶ。それを告げたのは、学校蝙蝠だ、と祐司は
言う。
行ってみるとそこは、異形の者たちが異形の者を価値観全く関係なく売る店が、森の中に
並んでいる。その風景を描く、作者の色の使い方と闇の描写がさりげなく、しかし、しっかりと
色づいています。
「ほのかな青白い光に、闇が切り取られていた」・・・そんな夜店。

 お祭りの夜店かフリーマーケットのつもりで、ついてきてしまったいずみは、その夜市に
とりつかれてしまったような恐怖を覚える。
それは、この夜市では「何かを買わないと帰れない」という掟がある、ということでした。
何故、そう親しくもない祐司は自分を誘ったのか、一人で行かなかったのか、その理由を
知っていずみは、最初は疑問、そして不安、心配、そして恐怖にかられます。
いきなり怖いものが出てきて「怖い」のではなく、おかしい、おかしい・・何故?がこわい、に
次第に変化していく。

 昔、子どもの頃の祐司は同じ夜市に行ってある物を買った。しかしその代金はお金では
なく、かけがえのないものを失うことになった。
帰れない、失ってしまった、いなくなってしまった・・・残酷な描写よりも、淡々とした夜市の
暗闇の様子を描きながら、じわじわと「先の見えない恐怖」が取り巻いて行く様子が実に
リアルであると同時に幻想的に描かれています。
そこに作者の言葉の抑制というものを感じます。過激な描写、露骨な描写は一切ださずに
異界という「アナザーワールド」を創り上げ、また、その中で謎がとかれていく展開でありながら
中篇という長さでもって、鮮やかに、さっぱりとレモンを切った時の新鮮な酸味を残すような
後味でもって、さっと切り上げる。

 同じく異界ものとして、書きおろしの中篇『風の古道(こどう)』もふとしたことから、異界へと
足を踏み入れてしまった少年の物語ですが、この物語も「帰れない」恐怖と同時に、
異界でしか生きられない者たちの哀しみも描いていて、意外な展開と少年の心の葛藤を
描いています。

 この物語はあくまでもふざけることなく、飾ることなく、しかし、他の誰も真似できない世界を
発想の転換という方法だけで創り上げました。そしてそこには、抑えに抑えた負の感情を
感じるのです。
負の感情をただただ、垂れ流しにするのではなく瓶詰めにして、そして美しいという所まで
昇華させている、その言葉の選び方、使い方、流し方・・・大変、流暢な物語とも言えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夜市

2018/09/09 00:16

幽獄の世界

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『夜市』
ある道を境に通じる異界の闇市。
条件を揃えなければ脱出はできない。それ自体は目新しいものではないが、巻き添えになった彼女、そして過去を引きずる兄弟の葛藤には読ませるものがある。

売られてしまった弟は自身の様々なものを贄にして市を出る。白痴の老体として扱われて過ごした日々。
ありがちな才と引き替えに、弟を売った兄が過ごした葛藤の日々。そして両者の邂逅。
若干、独白に依りすぎる感もあるが、情動を丁寧に紡いでおり、どうしてか作り話には聞こえない説得力がある。
恐らく、この市は生きてうごめいている。店主も客もただ翻弄されるばかりだ。

『風の古道』
市が生きているのなら、こちらは道が生きている。
確実に存在しているが、私達には見えない道。夜市と同様に、登場人物を閉じ込める檻の役しかしていないようでいて、なにかの意思の存在をうかがわせる。

実際、入口を見つけた中には、気ままに出入りして猟奇犯罪に用いている人物もいる。些細な事で人を殺め、その安い正義感に酔う人物。
こうした気の触れた人間を描くのが実にうまく、秀逸である。

他作でも意思を持った生きる道は、人物を好き勝手にもてあそんでいる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夜市

2018/05/25 18:32

幻想譚の名手

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅらいく - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホラーのレーベルから出ていますが、内容はダークファンタジー….というか幻想譚です。見事です。短編二作品が収録されていて、どちらもオススメです。『風の古道』を評価されている方が多いようですが、私は『夜市』の方が好みでした。どちらも傑作なのは間違いないと思います。
これからもこの作家を追い続けようとも思いました。和風ブラッドベリーと言っても良いような、幻想譚の名手でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夜市

2017/09/13 11:32

他に類を見ない作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作の「夜市」も、「風の古道」も、他の作者の作品では味わえないような独特の雰囲気を醸し出しています。文章は簡単で、別に美しい表現とかを狙ったわけではなさそうなのに、自然と目の前に情景が浮かんできます。意外な展開とちょっぴり切ないエンディング。空想と現実の入り混じった世界は、一度踏み込んだら病みつきになりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夜市

2017/01/12 23:22

夜市

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あちゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白くて一気に引き込まれた。この世界と違う世界を隔てるものはちょっとしたことなのかもしれないと思う。久しぶりに満足。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜市

2015/11/29 20:30

哀しくて、少し怖くて、優しい物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

角川ホラー文庫ですが、ホラーというよりファンタジー。
 日本でファンタジーと言うと、ライトノベルの剣と魔法とツンデレ少女系か、児童文学の壮大な異世界書いてみました系が二大流派で、日常から一歩を踏み出してしまった異世界、現実と幻想の狭間を描いた作品は発表の場がありません。
 ファンタジーの書き手はもっと沢山いる筈なのに、相応しい場に巡りあえずにいて、半ば無理やり「児童文学」か「SF」に自らを押し込んでいるのでしょう。
 そんな中、本書の作者が選んだ土俵はホラーでした。目から鱗が落ちました。そうか、迷えるファンタジー作家はホラー界に行けばいいのか。

 本作品は狭義のホラーではありません。ホラー要素を求めて読む方は期待外れに終わるでしょう。でも、これは素晴らしい作品です。哀しくて、少し怖くて、優しい。
 息をするほど自然に、読者は幻想の世界に誘い込まれます。

 作者のデビューは10年近く前になるのに、初読でした。今まで手に取らなかったことを後悔するけれど、これから待たずに何冊も読めるので今、浮き立つような気分です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜市

2014/10/24 22:30

日本ホラー小説大賞を見て、読みました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:shingo - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本ホラー小説大賞を見て、読みました。
怪談のような、実はミステリー。文章に無駄がなく、構成もうまいです。二話の短編で、どれも心に残ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夜市

2014/03/08 23:11

面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:minamiya - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホラーを読んでいるが、とても面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜市

2009/03/20 17:04

幽明のあわいを旅する風情

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2005年、第12回ホラー小説大賞を受賞した「夜市(よいち)」と、「風の古道(こどう)」、二つの中篇を収めた一冊。

 両作品とも、普段は見えないし行くこともかなわないけれど、この世界と隣り合わせに存在している場所を舞台に、話が進んでいきます。幽明のあわいのエアポケット的空間に引っ張り込まれて、ふと気がついたら、ゆらゆらとたゆたう蜃気楼の世界を旅していた、みたいな・・・。作品のそんな空気感を感じましたね。

 この世ならぬ妖しい売り買いがそこでは行われている夜市と、ドラえもんのどこでもドアをつないでいる目に見えない通路みたいな古道。長いこと離れていた故郷に久しぶりに帰った感じ、とでも言ったらいいかな。不思議になつかしい気持ちに誘われました。

 殊に、その世界独自のルール設定が、作品世界の魅力をいや増している表題作「夜市」が面白かった。百鬼夜行の化け物が跳梁し、店主を務めたりしている夜市の雰囲気は、昔読んだ諸星大二郎の怪奇コミック『諸怪志異(三) 鬼市』の「鬼市(きし)」に通じるものがありました。

 表紙カバーの中で泳ぐ三匹の金魚が、本書の風情に錦上花を添えているのもいいですね。印象的なこの装丁は、片岡忠彦。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夜市

2015/08/23 17:18

夜市がおすすめです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

怖い話なのかもしれませんが、それ以上に美しく、幻想的な話だと思いました。表題になっている『夜市』は特に印象的で、一つの映画を見たような気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する