サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

沖縄と米軍基地(角川oneテーマ21)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件

電子書籍

沖縄と米軍基地

著者 前泊博盛

日本への占領政策としてスタートした米軍の日本駐留は現在も続き、沖縄は「基地依存」を強いられることになった。日本政府は外交・政治でこの現状にどれほど向き合ってきたか? はじめて明かされる真実。

50%OFF

【期間限定価格】沖縄と米軍基地

10/17まで通常792

税込 396 3pt

【期間限定価格】沖縄と米軍基地

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.0MB 無制限
Android EPUB 7.0MB 無制限
Win EPUB 7.0MB 無制限
Mac EPUB 7.0MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍【期間限定価格】沖縄と米軍基地

2017/08/13 08:52

地位協定の裏密約が非公開

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

日米地位協定に関する無関心をやめよう。密約の是非は問わないから、条例、条文は全部公開すべき。それから他の法律と整合性を精査。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本沖縄と米軍基地

2011/11/05 22:06

国家のウソを暴く

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:24wacky - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は昨年3月まで27年間沖縄地元紙琉球新報の記者を務めた著者による待望の「沖縄の基地問題」解説書である。熟練した元記者による情報の豊富さと定評のある明快な語り口で文字通り“国家のウソを暴く”(本書帯のコピー)内容となっている。

〈第一章 「普天間」の行方〉は頁数が多く割かれていることからも分かるように本書の中心をなす。いわゆる「普天間問題」の経緯と、そしてここが最も訴えたいポイントといして、大部分の日本人がいかにこの問題に対し無関心あるいは無理解であることが深刻であるかを指摘している。とりわけ《印象に残っているのは、日米安保や基地問題に関するデータ、言説や論理、理屈や理由に関するウソや誤解、誤認や屁理屈、不理解や不認識のあまりの多さです》というとおり、日本のメディアに対する批判は熾烈であり、それを勤勉に毎日読んでいる多くの日本人はよく考えるべきである。

いったい「普天間問題」いいかえれば「沖縄問題」なるものの真実はどこにあるのか。防衛、安保、外交といった最重要事項の真実、つまり日本はいまだにアメリカの属国であり、その限りでの「平和」を戦後享受してきたにすぎないということを国民に知らせず(あるいは国民は知っていても知らないふりをし)、一方でその代償としての米軍基地負担の多くを沖縄に押しつけ続けてきた構造にある。そして代償は実は沖縄の基地負担だけではなく、いまだに民主主義を実現できていないという日本全体にとっての大き過ぎる代償に他ならない。本書で紹介される多数の情報はその一々を例証している。

また、著者は基地経済についても得意分野であり、〈第四章 基地経済と沖縄〉も読みごたえがある。その具体的データに基づいた論旨はシンプルであり、「沖縄は基地がなくなると食べていけなくなる」という間違った常識を軽快に覆す。琉球大学の大城常夫名誉教授の説を紹介した次の引用は「常識」を反対から読み直すと自ずと導き出される結論だろう。

沖縄が「経済自立」を手中にすれば、さらなる経済発展に必要な場所を求め、米軍基地返還の動きを招きかねない。そうなれば在沖米軍基地に大きく依存する日米安保は根幹を揺るがしかねない。日米安保を将来にわたって安定的に維持・運営していくためには米軍基地の拠点として沖縄の経済発展をいかに抑制し、米軍基地なしでは地域経済が成り立たないような体制をいかに保持するかが日米両政府にとって重要な課題となるとの見方です。

よく比較される例であるが、基地返還され地域が活性化した北谷町と、普天間基地「移設」先の辺野古を抱えることにより莫大な振興予算が投下され続けたにもかかわらず失業率は悪化し、市の借金は膨らむばかりの名護市の事例紹介はこれまた分かりやすい。基地受け入れのための「アメ」に依存し続けてきた名護市がようやく事態に気づき、基地に反対する立場の新しい市長を選んだ昨年の変化は記憶に新しい。

著者が最も危惧するのは日本の民主主義の形骸化である。そのことが沖縄にいるとよく分かる。だから一刻も早くそのことに気づくべきだと平易な文体で「日本人」に語りかけている。文体は平易であるがその訴えは「日本人」へのレッドカードである。「このような入門書を書かせるのはこれで終わりにしてもらいたい」と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。