サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

海戦からみた日露戦争(角川oneテーマ21)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

海戦からみた日露戦争

著者 戸高一成

「坂の上の雲」で注目される日本海海戦。何がその戦局を分けたのか? 丁字戦法や東郷ターンの陰で公式戦史から消された勝利の真因を、豊富な写真・海戦図とともに解き明かす。日本海軍史の第一人者が描く、単純化された「英雄譚」とは一味違うダイナミックな海軍史!

海戦からみた日露戦争

税込 792 7pt

海戦からみた日露戦争

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.6MB 無制限
Android EPUB 6.6MB 無制限
Win EPUB 6.6MB 無制限
Mac EPUB 6.6MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本海戦からみた日露戦争

2011/01/17 19:08

「勝って兜の緒を締めよ」の日本海海戦。

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 横須賀にある「三笠記念館」を訪ねたことがある。巨大なタンカーや商船を見慣れた現代からすれば、極めて小さな船体に驚く。これが本当にかつての日本海軍の軍艦だったのかと疑念を抱かざるを得ない。さらには、司令長官室、会議室等、クラシカルなホテルを彷彿させる装飾品に明治を感じさせるが、この戦艦が日本海海戦の旗艦だったとは俄かに信じがたい。
 その「三笠」を目にすると、広い洋上での戦いがどのようなものであったか容易には想像できない。距離1万メートル、8千メートルからの射撃と言われても、実感が湧かない。敵艦隊も豆粒ほどにしか見えなかったのではないだろうか。実戦に参加した将兵も極度の疲労と興奮状態のなかで、記憶も曖昧模糊としていたのでは。ビデオ、偵察衛星、インターネットも無い中、伝聞だけが独り歩きした日本海海戦だったのではないだろうか。
 本書は、その伝聞といっても良い海戦史を再確認した形になっている。多くの人は小説の世界での丁字戦法に酔いしれるが、実態はどうだったのか。英雄東郷平八郎が寡黙になった理由とは、作戦参謀である秋山真之が後に神がかり的な思想にのめり込んだ理由とは。それを本書が解説していく。
 日本海海戦が決してスマートな戦いでは無かったことが分かるが、半世紀以上も前の戦争も、過剰な国民の期待にこたえる報道だった。同じく、日本海海戦も国民が望む報道がなされなければ納得できなかったのだろう。そのために、日本海海戦は作られた海戦史だったのではないだろうか。
 冒頭の「三笠」だが、日本海海戦後に佐世保軍港で事故爆沈した事はあまり知られていない。意図的に爆沈事故を国民に知らせまいとしたのだが、この隠ぺい体質が後の大戦での大敗に結びついたのではと思うと、日本海海戦は「勝って兜の緒を締め」なければならない戦いであったことがわかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。