サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

苦しみはどこから生まれるのか?(角川oneテーマ21)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

苦しみはどこから生まれるのか?

著者 著者:池口恵観

先行きの見えない不安な時代、心を軽くして生き抜くにはどういう心構えで行動すればよいのか? 長嶋茂雄、金本知憲らスポーツ選手や財界人など多くの著名人に支持される僧侶の人生論。京セラ名誉会長・稲盛和夫推薦

苦しみはどこから生まれるのか?

税込 792 7pt

苦しみはどこから生まれるのか?

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.4MB 無制限
Android EPUB 3.4MB 無制限
Win EPUB 3.4MB 無制限
Mac EPUB 3.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日々これ行場、逆境も振り返れば懐かしい。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セカンド・プラン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 知れば知るほど苦しくなる、やればやるほどつらくなる。
見れば、視るほど、聞けば、聴くほど。
それをつらいと取り違え、さらに苦しむ日常の、
一つ一つの出来事の中に、成長これあり。

 変化することを苦しいととらえるか、楽しいと定義つけるかの自由。
嫌ならやめればいい、逃げればよい。
それができないから悩んでいる?
やめられないということは、やめないということができている。
せざるをえないからだ?
それは、それが、あなたにちょうどいい、ということだ。

 理解できるから苦しいのであり、たのしい。
認識できなければ、ないのと一緒だ。
あなたの中に、その出来事を知覚できる構造が構築されている場合、その要素が自分の中にもあるから、反応してしまう。
 いや、そんなものは自分にはない、と思っていたものを、実はあると教えてくれているということだ。なんとありがたいことだろう。「おかげさま」で暗闇に光をさすことができました。

「苦しみはどこから生まれてくるのか」の答は本書にはない。
どこからも生まれてこないからだ。
なぜなら、その感情を苦しいと自分で勝手に定義しているだけで、
成長と定義すれば、これすなわち楽しみに変わってしまうからだ。
見えないものに対し、そこにたどり着く手前で、苦しいとするか、楽しみとするかの違いだと読み解けた。

「ところで、行場とは行者に与えられた場だけを意味するのではない。そもそも行場とは、どんな人にも与えられているものである。ある人にとっては仕事場であり、ある人にとっては家庭であったり。」と最後に「目を閉じれば出口が見えてくる」のところで著者は言っている。行場を逆境、行者を人々と読みかえて本書を再読すると、たしかにうなづける、すべてを物語っていると。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。