サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

道三堀のさくら(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

道三堀のさくら

著者 著者:山本一力

道三堀から深川へ、暮らしに欠かせない飲み水を届ける水売りたちは、皆自分の仕事に誇りをもって働いている。そんな水売りの一人、龍太郎には、蕎麦屋の娘・おあきという許嫁がいる。日本橋の大店が蕎麦屋を出すとの報せに、「美味い水」が必要だと思い知らされ、協力して美味い水造りを始めるが、いつしか二人の間に微妙な隙間風が吹き始めて…。人の気持ちに翻弄されつつも、せつなく凜々しい、江戸の「志」を描く長編時代小説。

道三堀のさくら

税込 770 7pt

道三堀のさくら

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.3MB 無制限
Android EPUB 4.3MB 無制限
Win EPUB 4.3MB 無制限
Mac EPUB 4.3MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本道三堀のさくら

2010/03/02 10:40

深川の人々の生活を守った水売り達

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

色々な職業をテーマに、江戸の文化風情を楽しませてくれる山本作品達。その職業は料亭だったり駕篭かきだったり町医者だったり飛脚だったりまさかの女衒!だったりと様々なのだけれど。どの作品も何せ粋で胸が空く。日本てのは日本人てのは、本当に良い国民族なんだなぁと思わせてくれるのだ。
さて今回の職業はというと、水売り。いやこれまで水売りをテーマに作品が出てなかった事に、逆に驚いた。主に深川を舞台に描かれる山本作品。深川という町は埋立地であるから、井戸をどんなに掘っても塩辛い水しか得られない。であるから町民たちは飲み水や料理に使う水は、水売りから日々買っていたのだ。長屋住まいだろうが高級料亭であろうがそれは変わらない。だからこそ水売りは、深川に住まう人々全てに密着していたとも言えるだろう。その水売りをこのタイミングで書き上げるというのは、まさに満を持して、という事なのだろう。
江戸の街には水道が完備されており、その水道の余り水は橋の袂から「吐き樋」を通って大川へと捨てられていた。その水を「水船」に貯めて深川の庶民へと担ぎ売りしていたのが、水売りである。人間、水が無ければ生きてはいけない。だから水売りは月に一度の休み以外は、年中無休で働き続けていた。しかし水というのは天からの贈り物であって、涸れる事もあれば大量に降ってくる事もある。だからこその、ドラマが生まれる訳なのだが・・・。
「水涸れて」「水満ちて」「水熟れて」の3つのタイトルと、その章構成が非常にうまいなと感じた。水が涸れたら当然庶民は困るわけで、さぁそうなると水売り達はどう対処したのだろうか。逆に水が満ちてくると、どんな事が起きてしまうのか。そして「水熟れて」とは一体どんな事態で、どんな物語が展開されて行くのか。想像するだけで楽しくなるという物。そして物語をさらに面白くしているのが、物語の主人公龍太郎と恋人おあきの恋。まるで水の満ち涸れに沿うようにして、変化していくのだ。男女の間など、まさに水物だといった所だろうか。ただ面白い構成だなと思ったのだけど、ちょっと残念に思ったのは最後が少々湿っぽくなってしまった事。水がテーマとはいえやはり山本作品は水っぽいのではく、天晴れ!と締めてもらいたいものだなぁと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。