サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. KADOKAWA
  6. 角川oneテーマ21
  7. 恐れるな! なぜ日本はベスト16で終わったのか?
恐れるな! なぜ日本はベスト16で終わったのか?(角川oneテーマ21)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 1件

電子書籍

恐れるな! なぜ日本はベスト16で終わったのか?

著者 著者:イビチャ・オシム

2010年ワールドカップにおける日本のベスト16進出を予言したオシム。サッカーに対する深い洞察と日本への愛着はいまだ衰えない。「日本は南アW杯でベスト8、ベスト4に進むべき絶好の機会を逃した。リスクを冒す準備を怠った。勇気に欠けていたのだ」。2014年に向けて、日本はどんな取り組みをすべきか、ずばりと提言する。

恐れるな! なぜ日本はベスト16で終わったのか?

税込 792 7pt

恐れるな! なぜ日本はベスト16で終わったのか?

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.5MB 無制限
Android EPUB 4.5MB 無制限
Win EPUB 4.5MB 無制限
Mac EPUB 4.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本サッカーへの期待を感じる、厳しくて温かい激励

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 イビチャ・オシム元サッカー日本代表監督による、サッカー南アフリカW杯の総括、そして日本代表へのメッセージをまとめた本。

 おそらくオシムさんは、日本代表のベスト16という結果を評価しているのだと思う。しかし、そこで満足することなく更に前に進むことを期待していることを感じる。それゆえ、厳しい内容の話も多い。「はじめに」から、W杯での日本代表を「日本のサッカーが新たな一歩どころか2キロほど先にまで進むチャンスを自ら放棄した」(p.5)と表現している。しかしこれは、期待の裏返しでもある。

 日本のサッカーにはなにが足りなかったのか。まず、「ほんの少しのリスクと勇敢さを」(p.20)と求める。例えば、W杯での日本代表では、ひとりの若い選手に周囲の期待、そして味方からのパスが集まった。これは「他の選手たちの自信の欠如をもってして説明可能である」(p.65)という。チームメイトに限らず、「2、3のいいパフォーマンスを見せ、ひとつか2つのゴールを記録するだけで、ジャーナリズムはすぐに、その選手のことを『日本のエースである』と宣言する」(p.89)ことも選手のこれからの成長を妨げると批判している。
 そして、選手やメディアだけでなく、サポーターにも更なる前進を求めている。「ヨーロッパのほぼすべての国において存在するプレッシャーは、日本には見当たらない。非常に重要なことなのだが、スタジアムに緊張感がない」(p.114)。賞賛されるべきプレーとは、「決して、40メートルも離れた場所からゴールの上にシュートを打って、ファンたちが拍手をするというようなものではない」(p.194)のだと。

 では、これから日本サッカーはどうするべきか。ひとつは「新監督に望むものは何か。どういう日本代表を作りたいのかというビジョン」(p.183)、言い換えれば「ぶれない指針」(p.183)を持つこと。今後は監督を選んだ側の方針のぶれで、新監督を悩ませてはならない。
 そして「本心では不可能だと考えているような結論を目標として掲げ、公言、公約とすることを恐れるべきではない」(p.190)。更に、そうした目標をそれを達成するためのメンタルの強さを持つべきであると説く。多くの人が不可能だと思っていた「ベスト4」を目標に掲げ、南アフリカW杯でそれが可能であることを示した前監督のように。
 選手・戦術については、南アフリカ大会でのディフェンスを評価した上で、攻撃に加わる選手たちについて求める能力を具体的に述べている。そして2014年のブラジルW杯に臨む日本代表のリーダーには、それまでエースと言われながら、南アフリカ大会で活躍しきれず、代表から引退を宣言したひとりの選手を推薦している。この人選は個人的には意外で、それゆえ興味深い。

 最後に、南アフリカW杯全体の総括について。「メディア、札束の勝利だったということだろうか。醜いが、それが事実だ」(p.124)という。ここでのメディアとは、ジャーナリズムと広告メディアの両方を意味しているようだ。そして、「スポンサーたちとサッカーを取り巻く巨額の金が『負けなければいい』という風潮を作り上げ」(p.175)、そこから「多くのチームがディフェンシブにプレーしたが、それは失敗に対する恐怖心が生んだ結果」(p.174)と評している。
 それでも、「南アフリカでのワールドカップは、新しい歴史の始まりだったと言うこともできる」(p.129)。なぜなら「個人よりもチームが重要であることを証明した」(p.130)し、「一人のスターだけに頼るよりも、チームでゲームを支配するというスタイルに向かっているのはサッカー界にとって、いいサインだ」(p.131)から。
 この負けないサッカーと、チームで戦うサッカーは表裏一体の部分もある。はたしてこれからの世界、そして日本のサッカーがどのような方向に進んでいくか、色々と考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。