サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

田辺聖子の今昔物語(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件

電子書籍

田辺聖子の今昔物語

著者 著者:田辺 聖子

今は昔。いつのころか、一昨年のことだったか――。何だか怪しいなとは思ったが、不思議でならなんだが――。こんな話があった。ほんとの話だ。見果てぬ夢の恋、雨宿りのはかない契り、愛嬌のある欲ボケ、猿の才覚話――。貧しい若者、ならびなき風流男、帝、生霊、動物、遊芸人、美女と主人公は様々だ。徹底して滑稽で、哀切で、怪(こわ)くて、ロマンティックな29話を語り伝える田辺流今昔物語。

田辺聖子の今昔物語

税込 506 4pt

田辺聖子の今昔物語

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.4MB 無制限
Android EPUB 4.4MB 無制限
Win EPUB 4.4MB 無制限
Mac EPUB 4.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本田辺聖子の今昔物語

2002/04/13 19:39

一級の、やさしい昔語り

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゃりン子@チエ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 古典の現代語訳というのは、いったいどういう行為に一番近いですかね。私が思うにこれは「子供に絵本を読み聞かせる」行為に近いと思うのですよ。洋書の翻訳は、作り手の作文能力が問われすぎる。戯曲の演出では、演出家の発想で作品が変質するし。そうとなれば、昔語りを現代に伝える「語り部」に近い性格を持つ現代語訳者はなんだか本を読んでくれるお母さんに近いかな。などと極端な発想を私にさせてくれたのが、この方。田辺聖子さんです。源氏物語、百人一首、枕草子など。さまざまな古典作品を小説化していますが、現代語訳の仕事ではこの本が最も作者の個性を生かしているのではないでしょうか。

 今昔物語は、もともととりとめない小話の寄せ集めのような性格を持っています。それに合わせて作者も、物語や事件を登場人物に語らせる形で話を作っています。話し言葉を使ってくれたことで物語が身近に感じられ、古典の登場人物が私たちに迫ってきます。例えば猿を助けたおかみさんの話。「なんだかかわいそうになっちゃてねえ。助けてあげたわけですよ」。こういった調子で語られることで物語の幅が広がることはもちろん、作者の文章の軽やかさや、人間に対する愛情といったものも感じ取れるようになるわけです。

 しかし、今昔物語という単純な古典に挑戦するにあたって、気軽な気持ちで望んだなんて事は全くないのでしょう。このほんの中で一番淡々とした口調で語られる、夫に捨てられた妻が、出家したかつての夫と出会うが…。と言う話は、作者の古典に対する挑戦の意気が感じられる名作です。最小限の表現で、人生のはかなさや悲しさを伝えること。しかも、原作の世界を壊さずに。P数で言えばたかだか数枚の話ですが、自然とこぼれる涙に随分不思議な気分になったものです。

 田辺聖子さんの持つ言葉は、多くの人に伝えるための軽妙な言葉です。そして、伝えようと書いていることは、人間に対する愛情です。そんな彼女が書いた「今昔物語」が面白くないはずないですね。プレゼントにもお勧めしたい「現代語訳の古典」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。